パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

都内のカフェでパソコン作業するなら「ルノアール」がオススメ!その理由と良さを紹介するよ

都内でノマドワークをしてはや2年くらいが経ちます。いざ「PC作業をしよう!」ってなったとき、都内だとあまり良い作業スペースがないんですよね。どこのカフェに行っても混んでますし、コワーキングスペースってちょっと入りづらいし。そんなわけで今回は、都内で圧倒的な利便性を誇るカフェ「ルノアール」についてご紹介していきます。

パソコン作業するなら「ルノアール」をおすすめする理由

都内,カフェ,パソコン,作業,おすすめ,ルノアール,理由,メリット,紹介

今やかなりヘビロテでルノアールを使っている私ですが、ここで改めてルノアールの良さをご紹介していきたいと思います。

参考

公式サイト喫茶店ルノアール

1.WiFiが使える

PC作業する人にとって1番気になるのはまずこれですよね。「Wi-Fiが使えるかどうか?」ルノアールでは、無料WiFiが使えます。しかも高速。作業に不便したことがありません。

参考:ルノアールユーザー必見!Wi-Fi接続方法と便利な使い方

ルノアールカフェのWi-Fiは、3時間でワンスパンなので、3時間経つと自動的に一度WiFiが切れます。しかし焦ることなかれ。また同じ方法でWi-Fi接続すれば良いだけです。するとまた3時間使うことができます!

2.電源が使える

ルノアールカフェの素晴らしいところは、全席ではないのですが電源が使える席が用意されていることです。実際、Wi-Fiが使えても電源がないとなんか心許ないですよね。

また、スタバや普通の電源カフェに入ると電源が使える席って大体1人掛けやカウンターなどの狭い席が多いのですが、ルノアールは違います。

1人掛けソファ席などの比較的快適な席でも電源が使えるのがすごいところ。ただ上述もしましたが、全席電源完備!というわけではないので、着席の際には電源の場所を確認してからにしましょう。

3.広く使えて周りが気にならない

私は普段カフェではまったく作業しないのですが、その理由が、「人と近い」のが気になるから。

電源のあるカフェやコワーキングだと、仕方ないとはいえ、全くもってユーザーの居心地の良さを追求されてはいません。なので隣同士も近くて会話や動作が気になってしまうし、ちょっと狭かったりとか。

ルノアールの良いところは、一つ一つの席が比較的広く隣とも距離があり、スペースを広く使っている点にあります。

なので都心の駅真ん前の店舗に入っても、快適さが保たれているわけです。色々な電源カフェを使ってきましたが、ルノアールほどゆとりあるところはないです。

4.どれだけいても何も言われない

都内,カフェ,パソコン,作業,おすすめ,ルノアール,理由,メリット,紹介

言わずもがなですが、そもそもルノアールは「ゆっくりカフェする場所」として存在します。

普通のカフェだと、なんだなんだいってもビジネス上の都合が先行しているので、「いかにお客さんの回転を早く回すか」という仕掛けが施されています。

しかしルノアールは、テーブルにPC広げて何時間も打ち合わせや作業、仕事、勉強をするために存在している場所です。

なので当然、長居していても何か言われることもありません。また基本的に混んでいないので、「早く出なきゃ」と急かされる気持ちなることもありません。

Wi-Fiの使用時間が3時間に区切られているあたりも、「滞在時間3時間くらいは想定内」ということなのだと思っています(笑)

ルノアール最高。

5.なぜか混んでいない

これまで相当の数のルノアール店舗を使ってきましたが、混んでて入れなかったということがまずありません。ルノアールって一見敷居が高そうなんでしょうね。スタバ、ワイヤードカフェ、コワーキングなどと違って学生がいないことも特徴のひとつ。

店の中も静かで、雑音や人の声が気になることもありません。

私がよく打ち合わせや作業で使う場所に渋谷AppleStoreの目の前の店舗や銀座駅前の店舗があるのですが、そこでさえ全然混んでいない。都心でノマドワークする方には本当におススメです。

また、主要駅の近くにはかならずルノアールあるので、毎回「この近くに電源の使えるカフェないかな」と探す手間が省けます。

6.長居ok

先ほども書きましたが、ルノアールは基本的にお客さんが長居することを前提に存在しているカフェです。なので、ユーザーとしては「長居して申し訳ないな」と思わされることなく使用することができます。

店内には保険の営業だったり、会社間の打ち合わせだったり、PC作業をしている方だったり、と、ゆっくり静かなのでところで仕事がしたい人が使っている印象です。

7.営業時間が長い

店舗によって微妙な差異はあれど、比較的営業時間が長いです。朝は7時~閉店は23時と、割といつ行っても空いている場所として重宝しています。

そもそも都心でそんなに夜遅くまで電源やWi-Fiを解放しているカフェやコワーキングも少ないので、ルノアールが特段不便ということはありません。ちなみに、朝はモーニングメニューがあり、静かに朝食をとることもできます。

しいてデメリットを挙げるなら…

都内,カフェ,パソコン,作業,おすすめ,ルノアール,理由,メリット,紹介

さて、ここまでルノアールの良いところをたくさん挙げてきましたが、敢えてデメリットを挙げるとしたら

カフェ代金が高いことですかね。

通常のカフェの倍くらいの値段はします。カフェオレでも800円とかはします。

だからこそ長居okで店が成り立っていることと、敷居が高くて学生が入らないというメリットが生まれているわけなので、カフェ代が気にならない人はかなり使いやすいと思います。

また、店舗によってはサンドウィッチやパスタなどの軽食がメニューにある場合もあります。普通に美味しいです。

で、これも高いです(笑)

メリット・デメリットは表裏一体なので、天秤にかけてみてご自分にとって利便性の高い選択をしてみてくださいね。

最後に

都内で暮らし2年以上フリーランスとして働く私がヘビロテで使っている電源カフェ「ルノアール」をご紹介して参りました。

私は人がたくさんいたり、隣との距離が近かったり、ガヤガヤしてしたり、ぎゅうぎゅうした感じだと、どうしても仕事がはかどらない性格なので、間違っても都内のスタバなどで作業ができないのです^^;

ということで、基本的には仕事は家かオフィスなのですが、たまに発生する外での仕事や打ち合わせではほぼ100%ルノアールを使っています。

どこの店舗も綺麗でスペースも広く使えて、混んでおらず、店員さんの対応も丁寧です。まさに銀座の喫茶店、という感じ。それなので若い世代や学生さんには少々高い&敷居高いかなという印象ですが

銀座喫茶店「ルノアール」、ぜひぜひご利用ください!

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像