パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

週明け月曜日の会社が憂鬱、辛い…!「行きたくない」気持ちをはねのける方法を6つ紹介。

週明け月曜日の出勤って本当にしんどいですよね。会社員をやっていると、月曜日と火曜日は気分が重く、水曜日くらいから徐々にテンションがあがってきて、華金でピークを迎え、土曜日が最高潮で、二中曜日の午後くらいからまたテンションが落ちてくる…というルーティンを繰り返します(笑)今回は、週明けの「行きたくない」気持ちを抑えるためのリラックス方法をいくつかご紹介してみます!

週明け月曜日の出勤は本当につらい。

月曜日の出勤って本当にしんどいですよね。金土日とたくさん遊んできて、月曜日に急に奈落の底に落とされる気分になります、、(笑)私達会社員の気分とは裏腹に残酷にも刻々と出勤時間が迫ってくるわけですが、今回はそんな憂鬱な月曜日朝を乗り切るためのリラックス方法をいくつかご紹介していきます。

そもそも根本的な解決方法はないか?考えてみよう。

これからご紹介していく方法はあくまで一時的な対処法。そのため、一時はなんとなく気分がアガるかもしれないですが、それがいつまで続くかは人それぞれです。そういった「応急処置」をいくら施しても、“根本的な”解決にはならないことを覚えておいてください。

なにか根本的な解決策に結びつくための応急処置ならば継続的に効果はありますが、目先の応急処置だけをいくら続けていても、根っこにあるキズ痕は治っていないということはぜひ念頭に置いておいてくださいね。

もしよかったらぜひこのへんの記事も読んでみてくださいね。

とりあえずリラックス!

というわけで、憂鬱すぎる月曜日を打破するためにひとまずリラックスする方法を考えていきましょう。気分を大きく変えるためには、「モチベーションを上げる」というアプローチと「身体を休ませてリフレッシュする」というアプローチがあると思っていて、どっちが効果的かというのは案外人によって違います。

私は圧倒的に前者の「モチベーションを上げる」という方が気分がアガるタイプなので、普段から必要なときはそうしていますが、女性なんかだと身体をゆっくり休ませるとか、リラックス効果のあることを実践すると気持ちが落ち着く人が多いのかなと思います。

ぜひぜひご自分に合った方法を模索してみてください。

モチベーションを上げる方法

1.映画を観る

週明け,月曜日,会社,憂鬱,辛い,行きたくない

月曜日の憂鬱を打破するためには、テンションの上がる映画を観ましょう。「テンションが上がる」と一口に言ってもなんでも良いわけではなくて、あくまで「よし、明日から会社頑張ろう!」と思えるような映画です。

たとえば、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」とか「マネーボール」とか。そういう会社員ががんばる系の雰囲気の映画は効果バツグン。あとは、「ベスト・キッド」みたいなシンデレラストーリーもかなり効果あります。「がんばればいつか報われる!」と思えるので(笑)

ここで選択を間違えてアーティスティックな方向性の映画を見ちゃうと、変にクリエイティブが刺激されて余計に会社に行きたくなくなるので、要注意!

ワンポイントアドバイス
あと映画をよく観る!という方にはAmazonプライムをオススメします。年会費3,000円でかなりの作品数が見放題だし、送料無料、翌日配送も対応してくれます。
2.漫画を読む

週明け,月曜日,会社,憂鬱,辛い,行きたくない

映画を観る、の次は「漫画を読む」って、なめてる?と思われているかもしれませんが、ちゃんと考えているのでついてきてください(笑)ここで大切なのは、本じゃなくて「漫画」という点です。

たしかに本も気分が上がる作品はたくさんありますが、なんだかんだ本は読むときに頭を使うし、一冊読み終わるのにもけっこう時間がかかります。なので短期的にテンションを上げる方法としてはあまりオススメできません。

だから、漫画が良いです。

本と違って、漫画はボーっとしながらでも読めるし、気軽に読み進めることができる割には意外とモチベーションを刺激されます。オススメは「キングダム」「はじめの一歩」「スラムダンク」「ドラゴン桜」かな。

3.ミュージックを聴く

週明け,月曜日,会社,憂鬱,辛い,行きたくない

モチベーションが上がる&気持ちが維持できる音楽を聴きまくりましょう!

私は会社員が辛すぎたときにはよく営業車のなかでケツメイシとかを聴いていました。ケツメイシって、元々(今もかな?)皆さん会社員として活動していたので、「会社員がんばれソング」が多いんですよね。傷心に響きます(笑)

ここで選曲を間違えて、「会社員ばかやろう」みたいになっちゃうと逆効果なので、あくまでの今の自分を全力で励ましてくれるアーティストや楽曲を選曲してくださいね。あと、無駄にSuchmosとかビッケブランカとか、ちょいオシャレなアーティストに食い込んでいくのはやめましょう。アーティスト活動したくなるので。

身体を休ませてリフレッシュする

1.お湯につかる

週明け,月曜日,会社,憂鬱,辛い,行きたくない

お風呂に浸かるのって、本当に身体に良いらしいです。分かっていても、一人暮らしだと普段あまりお風呂でゆっくりする時間がないんですよね。でも、日曜日の夜ははやめに帰ってきて意外と時間はあるので、ぜひゆっくりとお湯に浸かってみてはいかがでしょうか?

最近、お風呂の時間を満喫するためにBluetoothの浴室用のスピーカーもたくさん販売されています。2〜3,000円程度でなかなか高クオリティなものが手に入るので、お風呂の時間をリラックスタイムにしたい方にはとてもオススメです。

お湯にゆっくり浸かると、シャワーだけのときに比べてかなり疲れがとれるので、心身共にリフレッシュする可能性大ですよ。

2.整体に行く

とにかく身体が凝っていると気分が滅入るので、整体やマッサージに行ってほぐしてもらうと良いでしょう。最近は、男女問わずPC仕事が増え、肩こりや頭痛、腰痛に悩まされている方は少なくありません。

私自身はあまりここらへんの疲労が出ない人なので、そこまで整体に頻繁に通っているわけではありませんが、少しでも症状が出たらすぐに一回休むようにしていますし、体制を整えたり、ストレッチしたり、軽く歩くなどの対処をしています。

せっかくのお休みなので少し時間をとって身体をほぐしてもらうのもひとつの手ですね!また、わざわざ整体に行かなくても、少し家族や恋人、友人などに背中に乗ってもらうとかでも意外と効果あります。

3.(カメラとか持って)散歩する

週明け,月曜日,会社,憂鬱,辛い,行きたくない

ちょっとマニアックかもしれませんが、散歩は良い気分転換になるのと、私はカメラを持ってぶらぶら歩くと頭がスッキリするので、よくやっています。

カメラはさておき、散歩は非常に身体や脳に良いとされていて、脳科学者の茂木健一郎さんも毎朝30分はかならず散歩していると言っていますし、たしかホリエモンも言ってましたね。

ただボーっと歩くだけでも「陽の光を浴びる」「脳を刺激する」「良い運動になる」という3つのメリットがありますし、走るのとは違って適度に全身の筋肉がほぐれて疲れがとれるんだそうです。ぜひ生活週間としても取り入れていきたいですね。

最後に

今回は、週明け月曜日の出勤が憂鬱で仕方ないときの対処法について書いてきました。冒頭でもお話したとおり、付け焼刃的な処置はある程度は必要ですが、「モチベーションが上がらない」という点については、同時に根本的な問題解決となるような働きがけもしていきましょう。

その場しのぎの気分転換は、良くも悪くも“そのときだけ”なので。

「んー、このまま会社員で良いのだろうか…」という方はぜひ下記のフォームよりメルマガにも登録してみてくださいね。

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像