WordPressで記事内にボタンを設置するプラグイン『Shortcodes Ultimate』の使い方

Wordpress,記事,ボタン,設置,プラグイン,Shortcodes Ultimate,使い方

WordPressの記事内にボタンを設置するプラグイン、『Shortcodes Ultimate』の使い方を解説したいと思います。

記事内のボタンはクリックされやすい

ウェブサイトを運営していると、
様々なシーンで記事内にボタンを設置することがあります。

メルマガなどで特定のサイトに誘導したいときには
URLから誘導することがほとんどですが、
Wordpressの投稿記事からであればプラグインを使って簡単にボタンを設置することができます。

私は独自企画プロモーション中に、こんな感じのものをつくって使っていました。

Wordpress,記事,ボタン,設置,プラグイン,Shortcodes Ultimate,使い方

ただの文章で誘導するよりもずっと目立つし見栄えが良いですよね。

今回は、とても簡単に記事内にボタンを設置できるプラグイン
Shortcodes Ultimate』をご紹介いたします。

Shortcodes Ultimateの使い方

まずは、『Shortcodes Ultimate』をインストール⇒有効化していきましょう。

Wordpress,記事,ボタン,設置,プラグイン,Shortcodes Ultimate,使い方

 

有効化すると、記事投稿画面に『ショートコードを挿入』というボタンが表示されるようになります。
ここをクリックします。※このとき、エディタは“テキスト”ではなく“ビジュアル”です。

Wordpress,記事,ボタン,設置,プラグイン,Shortcodes Ultimate,使い方

 

かなりの種類のショートコードを選ぶことができるので、自由に使ってみてくださいね。
今回は『ボタン』を選択していきます。

 

Wordpress,記事,ボタン,設置,プラグイン,Shortcodes Ultimate,使い方

 

続いて、ボタンのスタイルをひとつひとつ決めていく画面が表示されます。

ボタンクリック後のリンク先

  • 新しいタブの有無
  • スタイル
  • 背景色
  • 文字色
  • 文字サイズ
  • 書体
  • 配置
  • アイコン

これらを概ね決めていったら、
『プレビュー』を選択して出来上がりを確認していきましょう。

Wordpress,記事,ボタン,設置,プラグイン,Shortcodes Ultimate,使い方

 

決まったら『ショートコードを挿入』で記事内にボタンを設置することができます。

 

Wordpress,記事,ボタン,設置,プラグイン,Shortcodes Ultimate,使い方

 

このように、Shortcodes Ultimateを使うことで
ボタンを始めとするショートコードがサクッと挿入できてしまいます。

あまり凝ったデザインはできませんが、手軽にショートコードを使い方にはオススメです。

色々と試してみた難点としては、ボタンのサイズ(横幅含め)を選ぶことができないことですね。

そのため、必然的にテキスト数が多いものはボタンサイズが大きくなってしまいますし、
テキスト数が少ないものはボタンサイズが小さくなってしまいます。

テキスト数はバラバラだけど、同じ大きさのボタンを3つ並べたい、、などはできないようです。

もしそこまで凝ったボタンを使いたいという方は違うプラグインの方が良いかもしれません。
そこらへんも考慮しつつ、用途に応じて使い分けていっていただければと思います。

まとめ

さて、 今回はWordpressの投稿記事内に簡単にボタンを設置できるプラグイン
『Shortcodes Ultimate』の解説を行いました。

使い方は非常に簡単で、インストール⇒有効化ですぐに使えるようになります。
ショートコードの数はかなり豊富にあるので使い勝手も良いと思います。

ただ、あくまで簡易的なショートコードなので、
少し凝って作成したいという方向けではないかもしれません。