自分らしく生きる,方法,固定観念,縛られない,自由,発想

マインドセット

自分らしく生きる方法とは|固定観念に縛られず、自由な発想を心がける

『自分らしく生きる』とはどういうことでしょうか。生きていれば自分以外の人間と関わることも多いし、気遣うことも多い。自分らしさ全快で生きるのは難しいかもしれないけれど、今より少し自分らしくなるための秘訣についてお話していきます。

『自分らしく』を考えすぎない

そもそも、『自分らしく』という言葉の定義は非常に曖昧で、
『じゃあ自分らしいってどういう状態か?』を明確に答えられる人はなかなかいません。

自分らしくいるということは、『素の自分でいる』ということですが、
よっぽど気を許せる友人や恋人の前でない限り、
素で居続けるというのは相当難しいことですよね。

つまり、人はだれでも外の世界に一歩踏み出した瞬間から
100%自分らしい姿を保てるわけではない、ということをまずは理解したいですね。

確かに会社やバイト先などにいれば
居心地の悪さや気遣いなどで疲れることもありますが
この世界は自分と自分以外の人間でしか構成されていないわけですから
他人に気を使うというのは至って普通のこと。

なので、常に自分らしくいようとこだわりすぎる必要はありません。

自分らしくいられる場所がひとつでもあれば充分幸せだと思います。
なので、先程言ったように友人や恋人、家族の存在を大切にしましょう。

参考:あなたを理解してくれる親友を大事にしよう|負の感情との向き合い方

固定観念に縛られない

私は昔からマイペースだと言われてきましたが、
自分ではあまりマイペースに過ごしているつもりはありませんでした(笑)

ただ、『ルールや固定観念に囚われない』ようにしようとは心がけてきました。

子供や学生にも、それぞれの世界に
『これはこういうものだ』という暗黙のルールのようなものがあって、
私たちは無意識のうちにこのような小さなルールにがんじがらめになっていきます。

そうすると、色々な事情が絡み合って
最終的に自分がどうしたら良いか分からなくなったり、
結局『正解』がわからなくなることは往々にしてあります。

物事が複雑に絡み合うときほど自分の心の声を大事にするべきだし、
『これはこういうものだから』という固定観念ではなく
自分はこうしたい。こう思う』という意志を指標に判断するようにしましょう。

それがよっぽど倫理に反していることでなければ
小さな決断のひとつひとつがあなたらしさを形作っていきます。

次第に周囲は『あの人は独自の考え方を持っている』という評価をしてくれるようになります。

世の中に蔓延る固定観念の通りに行動するのはラクですが、
それでは個性がなくて面白くないし、自分らしさがなくなっていってしまいます。

自由な発想を心がけよう

四角大輔さんの著作に
人は誰でも生まれながらにアーティスト』という言葉がありました。

アーティストとは抽象的な言葉ではありますが、一般的には
自分のなかにある独創性を表現していくことを生業にしている人のことを指します。

でも確かに小さな子供をよく観察していると、
『よくそんなこと思いつくなぁ』ということがたくさんあって
四角大輔さんの言葉って実はとてもしっくりくるんですよね。

歳を重ねるにつれて私たちは『社会』を知り、他人に合わせることを知り、
元々持って生まれてきた独創性を失ってゆきます。
失うことはなくても、蓋をして心の奥底に押し込んでしまいます。

しかし本来、その独創性こそに個性や自分らしさが備わっているものです。

他の人はみんな自分とは違う意見でも、違う価値観でも、
堂々と『自分はこうだと思う』と言える勇気にこそ自分らしさが宿ります。

自分らしさを外へ外へ表現し、
生業にはならなくとも『アーティスト』でいることが大事です。

外へ自分らしさを表現するようになると同じような仲間や友達が引き寄せられ、
真に心を許せる人間に囲まれて、豊かな人生を歩むことができようになります。

自分らしく生きる方法

自分らしく生きるのはそう簡単なことではありません。

精神的に自立していなければいけないし、
自分の意志を通す前になんとなく周囲の雰囲気に合わせてしまう。

その結果、なにかうまくいかないことがあると
他人のせいにしたくなってしまうし、
自分で決めたことじゃないから凹むこともないし、
かといってすごく悔しいこともない。

もちろんそれが心地良いこともあるかもしれないけれど、
自分で決めたことだからこそ情熱を燃やしてできることが
たくさんあるはずです。

それに、そのほうが、充実感もあります。

じゃあ、
『自由な発想を持ち続ける』ためにはどうしたら良いのでしょうか?

『こういうとき、世間一般の人ならどうするんだろう』と迷うことがあったら
ネットのニュースを見たり、ググったりしないで
自分はこうしたい、こうすべきと感じる心のままに行動することです。

ネットニュースや検索エンジン上で公開されている情報には無難なことしか書いていないし、
そもそも、どこの誰が考えた常識なのかもわかりません。

自分の心や五感を大切に、思うがままに流れるように生きていくことが
自分らしく生きるコツなのではないでしょうか。

画像の説明

関連記事

  1. 人間、無力さ、ビジネス、hitomi、自分一人でできること、限られている

    マインドセット

    自分一人でできることなんて限られている|ひとに頼り、頼られる自分でいよう

    人は皆、ひとりでは生きていけません。例え成人していたとしても、会社とい…

  2. 仕事、人間関係、バランス、優先順位

    インターネットビジネス

    【人生は一度きり】物事を決断するときには、人生がよくなる方を選択すれば良い

    仕事と遊び、人間関係のバランスはどのように取れば良いのでしょうか?…

  3. ポケモンGO,子供,怖い,スマホゲーム,やりすぎ,コミュニケーション,懸念
  4. 和田アキ子、何様、パワハラ、問題、行方、上下関係、社会問題

    アーティストから学ぶ

    『和田アキ子は何様』問題の行方は?|上下関係によるパワハラは社会問題に

    1月22日に放送された『アッコにおまかせ!』において、司会の和田アキ子…

  5. 自由、ライフスタイル、手に入れる、読むべ、本、必読書、紹介、ノジー、Hitomi、対談

    DRM

    自由なライフスタイルを手に入れるために読むべき本を紹介|ノジーさん×Hitomi対談

    『今の自分は、本当にこのままで良いのだろうか』と思ったとき、どのように…

  6. 自分のやりたい事,親,反対,どのように対処,理解

    ライフスタイル

    自分のやりたい事を親に反対されたらどのように対処すべきか

    『親』は大切な存在であるからこそ、関係性が難しいこともありますね。自分…

Twitter

  1. アーティストから学ぶ

    本田直之『1万円起業』から学ぶ、低リスクで充分な収入を得る起業家になる方法
  2. 【発信者として】どんなに忙しくても、絶対に忘れちゃいけないたった3つのこと

    フリーランス

    【発信者として】どんなに忙しくても、絶対に忘れちゃいけないたった3つのこと
  3. ネットビジネス、ドリーマーズラウンジ、NACO、ヘッダー画像、作成

    アーティストから学ぶ

    ドリーマーズラウンジのメンバーNACOさんにヘッダー画像を作成していただきました…
  4. インターネットビジネス、ビジネス、塾。コミュニティ、サロン、メンター、活用方法

    インターネットビジネス

    インターネットビジネスにおける塾やメンターの上手な活用方法
  5. 二足のわらじ、仕事、両立

    起業して人生豊かに

    二足のわらじで仕事を両立させるために大事なこと|時間管理とモチベーションシフト
PAGE TOP