【トレンドアフィリエイト】アクセスの集まる記事の書き方のコツ

キーワード選定→ライバル調査→タイトル付けが終わったら残るは実際の記事の執筆作業です。

トレンドアフィリエイトをやっていると、『記事に何を書いたら良いか分からない』という悩みをお持ちの方がたまにいらっしゃいますが、本来トレンドアフィリエイトは、キーワード選定が完了した瞬間に記事に書くべきことというのは大方決まっているものです。

しかし、それを見誤るとタイトルと全く異なる記事内容を書いてしまう可能性もありますので、しっかりと読者の方の検索需要を満たすような記事内容を提供するよう意識しましょう。

記事を書く上での注意点

ここからは、実際にトレンドアフィリエイトにおいて記事を書いていく際に注意するべきポイントを解説していきたいと思います。

1,コピペは禁止

当然のことながら、文章に何を書いたらよいか分からなかったとしてもコピペだけはしないよう気をつけましょう。コピペは検索エンジン上ですぐにバレてしまうものですし、バレたときには手動ペナルティを受ける可能性が非常に高くなってしまいます。

文字数に困ったときには、手を抜かずきちんと自分の言葉で書いていくようにしましょう。

2,1,000文字以上をこころがける

正確には文字数に決まりは特にないのですが、コンテンツとしてせいぜい1000文字くらいはないとどうしても物寂しく感じてしまいます。

文字数が多ければ良いというわけではありませんが、トレンドアフィリエイトのように他のサイトと同じような人物を取り扱う機会が多い場合に、明らかに他サイトに比べコンテンツの質が薄っぺらいとペナルティの対象になりやすくなってしまいますので、最低限のコンテンツの質と量は維持できると良いですね。

慣れるまでは大変かもしれませんが、なれてしまえば1,000文字程度ならばあっという間に書けるようになります。

3,NGワード

記事執筆中にはNGワードにはよく注意するようにしましょう。

トレンドアフィリエイトを行ううえではアドセンス規約違反をよく読み、アドセンス規約違反を犯すことのない健全なサイト運営をしていきましょう。

参考までに、以下にトレンドアフィリエイトを行う上でのNGワードを列挙しておきますので、参考にしてください。

性的な内容
タバコ
暴力団
殺人
死去
飲酒
麻薬

 

4,タイトル通りに書く

これが最も重要なのですが、トレンドアフィリエイトにはキーワード選定というものがあり、そして、キーワード選定に基づいたタイトル付けが必要です。

参考記事:【トレンドアフィリエイト】アクセスの集まる記事タイトルの付け方

この、キーワード選定及びタイトル付けで『この記事はアクセスが集まるか』という部分の9割型決まってしまうと言っても過言ではありません。

記事内容に関しては、あらかじめ作成しておいたタイトルに沿って書いていけば良いだけですので、難しく考える必要はありません。

記事作成はタイトル通りに、タイトルはキーワード選定通りに行うべきであって、記事の作成は独立した作業ではありませんので、おのずと記事内容もだいたい決まってくるものです。

タイトルに沿った記事の書き方

トレンドアフィリエイトにおいて1記事あたり1,000〜2,000文字くらいが一般的な文字数となっています。

WEB上には数あるトレンドアフィリエイトが乱立していますが、よく稼いでいるサイトほど、文字数は多すぎず少なすぎず、上手に文章がまとめられています。

それでは、『良い記事』とは一体どういうものなのか、ということも踏まえて解説をしていきたいと思います。

検索者の疑問をきちんと解決してあげる記事内容にする

当たり前のことなのですが、きちんと検索者の疑問を解決してあげるような記事を書きましょう。

例えば、仮に『松山ケンイチの2016年度出演作は?激太りの原因は何?』というタイトルをつけたとしましょう。

そうしたら、必ず『松山ケンイチさんの2016年の出演作』を列挙、紹介。また『なぜ最近激太りしたのか』について言及するような内容にする必要があります。

あくまで検索者は何らかの疑問を検索窓に打ち込んであなたのサイトに辿り着いてきますから、そのことを絶対に忘れないようにしましょう。

ついつい文字数に気を取られてこういった根本的なことを忘れてしまいがちですが、情報提供者として普段から気をつけるべきことです。

タイトルに含まれているキーワード選定通りに書く

上述しましたとおり、記事タイトル28文字以内にできる限り有効なキーワードを含ませておき、検索結果に上位表示さやすくしていますので、記事を書く際にはこのタイトルをしっかりと読み、そのタイトル通りに書いていくよう心がけると良いですね。

例として、

清宮幸太郎の父母も阪神ファン!高校から現在、早稲田での成績は?』というタイトルがつけられた記事を書いていくとします。

あらかじめタイトルを読んでみると、いくつかの段落に分けられることが分かるはずです。

①清宮幸太郎くんのお父さんやお母さんも阪神ファンという噂について
②高校での成績
③早稲田大学でのここまでの成績
④全体のまとめ

このような書き方をしていけば、1段落3〜400文字程度で考えれば1,000文字程度はすぐに達してしまいます。

コツは、『タイトルをよく読み、キーワード通りに3つくらいの段落に分け、1段落3〜400時程度で書いていく』ことです。

これが上手にできるようになると、美しくまとまりのある適度な長さの文章がスラスラと書けるようになりますので、ぜひ実践に活かしてみてください。

まとめ

今回はトレンドアフィリエイトにおける、効率的な記事の書き方をご紹介して参りました。

基本的にはキーワード選定やライバル調査には時間がかかるものですが、記事作成はそこまで時間も労力もかからないものと考えていただいて大丈夫です。

あまり難しく考えすぎず、自分の言葉を交えながらサクサクと書いていくようにしましょう。

1 Comment

まさぴ

初めまして!まさぴと申します。ブログ記事を書き始めたばかりの初心者です。記事の作成方法とても勉強になりました。また訪問させていただきます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。