トレンドアフィリエイトのキーワード選定は”ずらし”テクニックを使おう

トレンドアフィリエイトを行う際には、数をこなすという考え方が非常に大事ですし、アクセスが集まり始めるまではひたすらに記事を書く必要があります。しかし、どんなにたくさん記事を書いたところで、アクセスが集まるかどうかは全く別の話です。

と、いうのもあなたが興味があったり書きたいと思った記事でも、それが世間的に検索されるキーワードなのか、というのが最も大事なことだからです。

一般的に朝のニュース番組やニュースサイトを少しチェックすれば、世の中の興味関心や話題などは一発で分かってしまいますが、あなたがトレンドサイトで取り上げるべき話題は自分で考えていく必要があります。

今回はこの『ずらし』というテクニックを使ってアクセスを集める方法を解説します。

“ずらし”という言葉の意味

ずらし』という単語はネットビジネス業界の専門用語のようなもので、覚えておいて損はないテクニックなのでしっかりと理解しておきましょう。

まず、私たちが個人でトレンドサイトを運営するとき、大手メディアや大手ニュースサイトと同じフィールドで戦ってはいけません。なぜかというと、どうあがいてもサイトSEOパワーでは太刀打ちできないからです。

トレンドアフィリエイトを行ううえでは、まず検索エンジンの1ページ目を目指し、更に1ページ目のなかでも限りなく上位を狙っていく必要があります。上から3つ目くらいまでに表示させることができればかなりのアクセスを見込めるようになりますので、頑張って上位表示を目指しましょう。

検索エンジン上で記事をいかに上位表示されるか”ということが最大のテーマであり、ここを攻略することによってアクセスを集め、収入を得ていくのがトレンドアフィリエイトです。

ですから大手メディアと競合しないような記事内容を選定する必要があり、その際に必要なのが“ずらし”というテクニックです。どのように使うのかは、これから具体的に説明していきます。

ニュース番組やニュースサイトのような綺麗なタイトルはNG

トレンドアフィリエイト初心者の頃は、なんとなく綺麗なタイトルを付けてしまいたくなってしまうものです。しかし、トレンドアフィリエイトにおいてはキーワード選定とタイトル付けがその記事が上位表示されるためのほとんどを占めていると言っても過言ではないので、ここは慎重に行っていきたいところです。

例を挙げてみると、2015年の甲子園で一世を風靡した“清宮幸太郎”くんについて書こうと思ったとき

『早稲田大学の怪物1年生、通称和製ベーブ・ルースの清宮幸太郎が大活躍!』

のような、いかにも新聞や大手ニュースサイトで使われそうなタイトルをつけたところで、私たちのような個人が運営するサイトはまず太刀打ちできません。

この場合、キーワードを分解してみると『早稲田大学、怪物1年生、和製ベーブルース、清宮幸太郎、活躍』の5つのキーワードが含まれていますが、これらはどれもライバルの多いキーワードであることが分かります。

また、キーワードは左から順番に大事なものだと認識されますので、この場合は話題の中心人物である『清宮幸太郎』を一番左にもってこなければいけません。

参考記事:サイト運営時に必ずするべきSEO強化術まとめ

では、この『清宮幸太郎』というキーワードで大手ニュースサイトと競合しないような記事を書くために、どんな“ずらし”をしていけば良いのか次の章から解説していきます。

話題のトレンドネタでアクセスを集める“ずらし”のコツ

さて、2015年の高校野球ではまだ1年生の清宮幸太郎くんの活躍が非常に注目されていましたね。彼は今年に限らず来年、再来年も、注目されていく選手ですからトレンドネタとしては非常に良質なキーワードです。

だからこそ、メディアもこぞって清宮幸太郎くんを取り上げていますし、もちろん他のトレンドアフィリエイト実践者の方も大いに注目している話題でしょう。

そんな大規模な“清宮幸太郎市場”のなかであなたの記事が上位表示されるためには、キーワードをずらして考えていく必要があります。

ずらしの基本は、『世の中の人が次に気になる感心事を捉えること』です。今回の高校野球で起きた“清宮”ブームのなかで世の中の人が次に気になることはなにか、少し考えてみましょう。

・身長・体重・足のサイズ
・好きな食べ物、嫌いな食べ物
・日々の食生活
・生い立ち
・リトルリーグ時代の成績
・高校通算成績
・普段のトレーニング
・何キロのベンチプレスを持ち上げるか

・弟もすごい選手なのか
・天才を育てた親の教育論とは
・どこのプロ野球チームのファンなのか
・尊敬している野球選手は
・お父さんは野球経験者なのか
・お母さんはどういう人なのか
・他に経験したスポーツはあるか

『清宮幸太郎』というキーワードの場合、同じ野球少年たちであれば彼の通算成績や体格について、普段どのような練習をしていて、どんな食事をしているのか、生まれつき天才なのか、それともなにかすごいトレーニングをしているのか、何キロぐらいのベンチプレスを持ち上げるのか・・そんなことが気になるはずですよね。

それが、上のかたまり郡です。

対して、下のかたまりは高校野球を見ている大人達が気になることです。

子供があれだけすごいんだから親の育て方はどうなってるんだろう?
もしかして両親が有名なスポーツ選手なんじゃないの?
兄弟はいるんだろうか?いたら、野球をやっているのだろうか?

などなど、怪物清宮幸太郎をつくり出した家族や環境が気になるものですよね。そして自分がすでに親だったら、子供にはどんなスポーツをさせたら良いか参考にする人も多いでしょうから、そんなこともキーワードになり得ます。

また、清宮くんに関しては非常に頭が良く高校1年生にして『名言』というキーワードも検索需要が高いので、インタビューなどで放った言葉をまとめるだけでも恐らくアクセスを集めることができるでしょう。

このように、話題になっているトレンドネタを見た人たちが次に気になる感心ごとを拾って、記事にしてあげるのがトレンドアフィリエイトを実践する上でのポイントです。

ちなみに、私はトレンドアフィリエイト実践時、『清宮幸太郎くんの家族が全員阪神ファンらしい』ということを書いただけでかなりのアクセスを集めました。世の中で話題沸騰中のネタであれば、この程度のネタでも人々の関心は集中するものですから、あえて大手のニュースサイトが触れないちょっとした次の感心事を探してキーワード選定していきましょう。

ずらせばOK!という訳ではないので要注意

ここまでは、基本的な“ずらし”の解説をして参りましたが、ずらせばなんでも当たるという訳ではないので注意してくださいね。

トレンドアフィリエイトでは、『検索需要が大きくてライバルが少ない記事』を量産していくことが基本です。

つまり、ここで紹介したずらしの考え方を学べば話題のキーワードからずらした記事を思いつくことはできますが、それとは別にその記事が『検索需要は高いかどうか』、そして『強力なライバルがいないかどうか』というのはまた別の話ですので、充分に考慮する必要があります。

参考記事:トレンドアフィリエイトで虫眼鏡やサジェストを使ったキーワード選定方法
     トレンドアフィリエイトにおけるライバルチェックの方法まとめ
     【トレンドアフィリエイト】goodkeywordの使い方とキーワード選定方法

ずらしてニッチなところを狙ったはいいけど、全然検索需要のないキーワードだった..というのもありがちな例ですので、こういったことが極力ないよう、キーワード選定は充分に行っていきましょう。

ちなみに、上で挙げた清宮幸太郎くんについてのずらしキーワード例は、こういったツールを駆使した結果、全て検索需要が大きいことが分かっているキーワードです。

話題になっている規模が大きければ大きいほど、需要のあるサイドキーワードがたくさん転がっているものですから、ぜひライバルが少なく需要の高い記事を書いていきましょう。

まとめ

トレンドアフィリエイトには、記事ネタ選定キーワード選定の2種類があります。今回はキーワード選定について覚えておくべき“ずらし”のテクニックを解説してきました。

基本的に、記事を書く際にはほぼ全ての記事で“ずらし”を使ってタイトルを考えていくことになりますので、今回の記事についてはしっかりと理解しておきましょう。

ずらしは、あなたが好きな歌手や芸能人、タレントについて素直に興味をもったり疑問に感じたことがキーワードになり得ますので、普段から『これは記事になるな』と感じたことをメモしておく癖をつけると良いかもしれないですね。

2 Comments

まねきねこ

HITOMIさん
こんにちは。
トレンドアフィリについて詳しく
ありがとうございます。
ずらしも読者さんが関心あるだろうな、というところまで
頭を使ったうえ
ライバルチェックも必要とのこと、
参考にさせていただきます。
普段から頭を使うようにしておきます。
応援&また訪問させていただきます。
まねきねこ

返信する
Hitomi Hitomi

まねきねこ様

こんにちは。コメントありがとうございます。

そうですね、トレンドアフィリエイトでは
キーワード選定で記事の質が9割方決まってきますので
ぜひ参考にしてくださいね。

今後とも当サイトをどうぞ宜しくお願い致します。

Hitomi

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。