グーグルアドセンスの規約違反を守ろう|規約違反のまとめと解説

グーグルアドセンス、規約違反、まとめ、解説

トレンドアフィリエイトを行う際に表示する広告は色々な種類がありますが、
現行最も収益性がよくメジャーなのがグーグルが発行する『Google AdSense』です。

一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

当サイトでもネットビジネスの初心者の方が最も稼ぎやすいとして
トレンドアフィリエイトを運営し収益を上げることをオススメしています。

しかしグーグルアドセンスの規約違反を犯すとサイトがペナルティを受け、
アドセンスそのものが使えなくなってしまうという厳しい処分を受けることになってしまいます。

トレンドアフィリエイトを運営する際には今回解説するアドセンス規約をよく守り、
健全でクリーンなサイト運営を行うようにしましょう。

広告クリックに関する規約違反

自己クリック

アドセンス広告はクリックすることで報酬が入る仕組みになっています。

しかし当然のことながら、自分で広告をクリックするという行為は絶対にダメです。
これがグーグルにバレてしますと、即座にアドセンス規約違反となってしまいますのでご注意ください。

また、友人及び家族によるクリックにも注意しましょう。

親切で知り合いがクリックしてくれることはありがたいのですが、
そのような不自然なクリックや特定人物のクリックというのは
実はすぐに分かってしまうようなんですね。あくまでもアクセスを集めることに従事し、
自然なクリック数を増やすようにしていきましょう。

クリックの誘導

アドセンス広告をクリックしてもらいたいが為に、
クリックを誘導するメッセージを記載してはいけません。

例えば、『○○について詳しくはこちら!』、
『おもしろいと思ったらここをクリックしてください!』のように、
読者にクリックを促す行為、呼びかけは絶対にやめましょう。

コンテンツに関する規約違反

コンテンツ不足

ここでいうコンテンツ不足とは、いわゆる文字数の不足にあたります。

トレンドアフィリエイトでは、画像や動画を使うことも多々ありあすが、
これらは必ずしも必要というわけではなく、
あくまでコンテンツを充実させるための材料に過ぎません。

サイトを運営する際、記事を構成するのは“文字”です。
文字数が不足した低品質な記事にアドセンスを設置することは規約違反となってしまいます。

当サイトではトレンドアフィリエイトを運営する際には
最低1000文字は書くようにしましょう、と言っています。

禁止カテゴリーに関するコンテンツ

グーグルは以下に関する内容を含むコンテンツに
アドセンス広告を掲載することを固く禁止しています。

下記の内容に関するコンテンツの作成を控えること、
またそれらに直接関わる単語の使用も極力控えるようにしましょう。

・アダルトコンテンツ
・他人の誹謗中傷、暴力的、過激的な内容
・著作権違反
・薬物、アルコール、タバコ、ギャンブル
・ハッキング、クラッキング関連
・武器および兵器関連
・その他の違法行為

誤解を招く広告位置

これに関してはかなり際どい部分でもあるのですが、
意図的に誤クリックを誘発するような位置に広告を設置するのはやめましょう。

例えば、ソーシャルボタンや人気ブログランキングに近接させて、
どっちが広告でどっちがソーシャルボタンなのかわからない”ような
曖昧な位置への設置は避けた方が良いです。

他にも、芸能人の熱愛画像について書いたときに、
芸能人がデート現場をキャッチされたときの写真を並べて配置するとします。

このときに、その並びのなかにさりげなく広告を一緒に並べる・・・
これは『イメージ画像との誤解』に当たるので、規約違反に触れてしまいますよね。

つまり読者が広告であることを知らずにクリックしてしまうような、
“誤解を招く位置”への広告配置は避けるようにしてください。

不適切な数の広告配置

一記事に広告して良いアドセンス広告の数は3つまでです。

2016年にGoogleAdsenseに改正がありました。詳しくは以下の記事で解説しています。

【GoogleAdsense動向】トレンドブログの方向性はコンテンツの質重視

広告に関する規約違反

類似広告サービスとの併用

グーグルアドセンスとの類似広告を同サイトで併用することは禁止されています。

グーグルアドセンスは、広告を貼り付けるとそのサイトと関連性の高い広告イメージが表示される
コンテンツマッチ広告』を採用しています。

よって、他社のコンテンツマッチ広告と併用した場合、
規約違反となってしまいますので注意してくださいね。

代表的な他社のコンテンツマッチ広告をいくつか挙げておきます。

・i-mobile
・忍者AdMax
・Kauli
・AdStir
・楽天モーションウィジェット
・Amazonおまかせリンク
・LinkShare Dynamic Display

アフィリエイト広告との併用であれば、
アドセンス広告だとわかるよう提示するという条件付きでOKです。

少し難しいように感じたら、安全のためにも他社広告との併用は行わないのが確実です。

ノーラベル

超基本的なことですが、アドセンス広告を記事に貼り付ける際には
その上に『広告』,『スポンサードリンク』,『Sponsered Link』のいずれかを表記する必要があります。

うっかり忘れてしまうとアドセンス規約違反として警告メールが届いてしまいますので、
アドセンス広告の貼り付けを行う際には充分気をつけてくださいね。

コードの変更

アドセンス広告を取得する際には、
出現するコードを記事にコピペすることでアドセンス広告が表示される・・
という仕組みになっていますが、このコードを自分で改変する行為は一切禁止されています。

ある程度の知識がないとできないとはいえ、
うっかり一部を消してしまったり、手を加えてしまったり、といったことがないようにしましょう。

発行されたコードをそのまま使用していれば、この規約に引っかかって来ることはないと思います。

まとめ

以上が、今のところGoogleが厳しく取り締まっているアドセンス規約違反です。

こうしてみるとけっこう厳しいな..と感じるかもしれませんが、
ずるいこと』、『倫理に反すること』、『アダルトな内容』。

この3つによく注意してサイトを運営していれば、大きく間違えることはないはずです。

グーグルアドセンスは規約違反が厳しい一方で、
収益性、報酬単価、広告の種類などは国内ダントツとなっています。

ぜひ、上手に付き合って安定した収入源にしていきましょう。

それでは最後までご覧頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。