Newpost Catch、サイドバー、最新記事

プラグイン

Newpost Catchでサイドバーに最新記事を画像付きで表示させる方法

画像付きでサイドバーに最新投稿記事を表示させるプラグインのなかで
最もオススメなのが、今回ご紹介する『Newpost Catch』です。

このプラグインはドラッグ&ドロップするだけで簡単にサイドバーに最新記事を表示させることができてしまう、非常に便利なプラグインです。

サイドバーを充実させることで訪問者のサイト滞在時間を伸ばし、
また他の記事も読んでもらえる可能性が高まりますので、使わない手はありません。

サイトを開設したら、早めに当プラグインを導入し最新記事を表示させてみましょう!

Newpost Catchの使い方

Newpost Catchの簡単な解説になりますが、
WordPressにはデフォルテで『最近の投稿』というウィジェットが存在します。

これも、“最新記事を表示させる”という点では同じです。

にも関わらず『Newpost Catch』が主に使われている理由は、
『Newpost Catch』であればサムネイル画像付きで表示してくれるというところです。

実際に私のサイトでデフォルトの『最近の投稿』ウィジェットをONにしてみると、
こんな風に最近の投稿が表示されました。

 

Newpost Catch、サイドバー、最新記事

 

悪くはないのですが、かなり簡素で魅力的だとは言えないですよね。

しかしここにサムネイル画像を表示させるだけで、
非常にキャッチーになり訪問者の目を惹くことができます。

サイドバーを充実させることでユーザーのサイト滞在時間をあげ、
満足度の高いサイトを目指していきましょう^^

サイドバーを充実させるためのプラグインで他にもオススメしているのが、
人気記事をサイドバーに表示してくれる『WordPress Popular Posts』です。

参考記事:WordPress Popular Postsでサイドバーに人気記事を表示させよう

 

もし宜しければ、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Newpost Catchをインストールと有効化

まずは、プラグインの新規追加で『Newpost Catch』と検索しインストール→有効化していきます。

Newpost Catch、サイドバー、最新記事

参考記事:WordPressにプラグインをインストールする方法

 

正常に有効化されますと、『ダッシュボード外観ウィジェット』と進み
画面左の『利用できるウィジェット』のなかに、『Newpost Catch』が表示されています。

ドラッグ&ドロップで好きな場所へ移動することできますので、
ひとまずはサイドバーメニュー『サブコンテンツ』のなかに追加していきましょう。

 

Newpost Catch、サイドバー、最新記事

 

Newpost Catchの設定方法

さて、これだけですでにサイドバーに最新記事が表示されているかと思いますので、
トップページに戻って一度確認してみましょう。

使用しているテンプレートによっては、サムネイル画像のサイズが大幅にずれていたり、バランスが悪かったりするかと思います。

その場合、ウィジェットへ戻り『Newpost Catch』を設定しなおしていきましょう。

『Wordpress Popular Posts』などは開発者が外国人のため設定が全て英語になっていますが、『Newpost Catch』は日本人が開発していますので、設定画面へ行けばすぐにご自分で色々と変更してみることができると思います。

 

Newpost Catch、サイドバー、最新記事

 

● タイトル
● サムネイル画像のサイズ変更
● 投稿件数

この3つをご自分のサイトに合わせて設定し、下の<保存>を押せば完了です。

プラグインフォルダ内のデフォルトCSS(チェックすると適用)

というチェックボックスがありますが、ここはデフォルトではチェックが入っており、最初から設定されているCSSのデザインで表示されるようになっています。

私の場合は、テンプレートとの互換性の問題で独自のCSSを使っていますのでここのチェックを外していますが、よく分からないという場合はデフォルトのままチェックを入れておきましょう。

これで、しっかりとサムネイル付きの最新記事が表示されるようになりました。

色々と試してみて、サイトにしっくりくるよう微調整していくと良いですね^^

 

Newpost Catch、サイドバー、最新記事

 

まとめ

今回の記事では、サムネイル画像付きでサイドバーに最新記事を表示してくれるプラグイン『Newpost Catch』について解説をしてまいりました。

サイドバーを整えることで、トップページの見栄えを整える、訪問者の滞在時間を伸ばす、他の記事も見てもらう、などの効果が期待できるようになります。

ぜひ、当記事を参考に『Newpost Catch』の導入、設定を行ってみてくださいね^^

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。

画像の説明

関連記事

  1. Akismet、APIキー、取得

    プラグイン

    Akismetを有効化しAPIキーを取得する方法を解説

    Wordpressをインストールすると、最初からインストールされている…

  2. JetPack、WordPress、インストール、方法、サイト統計情報

    プラグイン

    JetPackをWordPressにインストールする方法|サイト統計情報を一目で確認

    WordPressをダウンロードしたなら、最初に入れておくべき必須のプ…

  3. 迷惑メール、コンタクトフォーム7

    インターネットビジネス

    Contact Form7でチェックボックス付きお問い合わせフォームを作る方法

    独自ドメインでサイトを運営するようになったら、 最初にやっておきた…

  4. Contact Form7、お問い合わせフォーム、作成

    プラグイン

    Contact Form7で簡単にお問い合わせフォームを作成する方法

    お問い合わせフォームは、 訪問者がサイトの管理人に接触するための機…

  5. WP Social Bookmarking Light、ソーシャルボタン

    プラグイン

    WP Social Bookmarking Lightでソーシャルボタンをサイトに設置する方法

    サイトに記事を書き量産していくようになったら、気になるのはアクセス数で…

  6. Table of Contents、目次、設定

    プラグイン

    Table of Contents Plusで投稿記事に目次を自動生成する方法

    洗練されたサイトや記事には必ず、適切な位置に目次が設置されています。今…

Twitter

  1. 【実績者紹介】コンサル生のhitomiさんがWeb制作案件受注で月収10万円を達成しました。

    実績者紹介

    【実績者紹介】コンサル生のhitomiさんがWeb制作案件を受注し月収10万円を…
  2. 岡崎体育、Mステ、披露、口パク、パフォーマンス、音楽、才能、マーケティング戦略

    アーティストから学ぶ

    岡崎体育は天才!緻密なマーケティング戦略と音楽的才能を分析してみた
  3. Wordpress,記事,追記,更新,最終更新日,表示,方法

    SEO

    WordPressで記事の追記や更新をしたら「最終更新日」が表示されるようにする…
  4. クローラー巡回頻度、上げる方法

    Google

    サイトへのクローラー巡回頻度を上げるための4つの方法
  5. WP External Links、使い方、設定

    SEO

    nofollowタグの自動生成プラグインWP External Linksの使い…
PAGE TOP