WordPress Related Postsで関連記事を表示させよう|設定方法と設置位置を解説

あなたのサイト訪問者が記事を読んだ際に、その記事に関連した他の記事を自動で表示してくれるプラグインがあります。それが、今回ご紹介する『Wordoress Related Posts』です。

このプラグインを導入することで、あなたの書いた記事を読んだ人が『おっ、他にもおもしろそうな記事があるな』と感じて、2ページ、3ページと読み進めてくれる可能性が高まります。

そうすることで、サイトの滞在時間やページビュー数が増え、直帰率が下がるという効果をもたらしてくれますので、サイトのSEO強化にも役に立つのです。

今回はそんな優秀なプラグイン『Wordoress Related Posts』の導入から設定、設置までを丁寧に解説していきます。

Wordoress Related Postsの設定方法を解説

設定画面へ行くと英字だらけで一瞬難しいのですが、
設定は解説通りにひとつひとつ進めていただければ問題なく出来ますので一緒に進めていきましょう。

ちなみに今回は、当サイトの関連記事をもとに設定していきます。
これである程度は形になりますので、細かなデザインや設置位置などはご自分の好みに合わせて後々変えてみてくださいね^^

当サイトで使っているWordoress Related Postsの関連記事はこのようになっています。

Wordpress Related Posts、設定方法、設置位置

 

それでは、ひとつひとつ進めていきましょう!

 

Wordoress Related Postsのインストールと有効化

 

まずは、プラグインの新規追加から『Wordoress Related Posts』をインストールし有効化しましょう。

Wordpress Related Posts、設定方法、設置位置

 

参考記事:WordPressにプラグインをインストールする方法

 

有効化した、『ダッシュボード設定Wordoress Related Posts』と進み、
当プラグインの設定画面へ移っていきましょう。

 

Wordpress Related Posts、設定方法、設置位置

 

Wordpress Related Posts、設定方法、設置位置

 

設定するのは以下の3つです。

● Basic settings
● Advanced settings
● About related posts

右の矢印をクリックすると設定画面が出現しますので、上から設定していきましょう。

 

Wordpress Related Posts、設定方法、設置位置

 

1、Basic settings

まずは一番上の『Basic settings』です。
これは、関連記事が表示される際の見出しといくつ表示させるかを入力するところです。

見出しのところはデフォルトでは英語になっていますので、
日本語で分かりやすく変えてあげると尚良いと思います^^

Wordpress Related Posts、設定方法、設置位置

 

2、Advanced settings

ここでは、関連記事の表示の仕方を細かく設定することができます。

 

Wordpress Related Posts、設定方法、設置位置

 

● Enable Themes

ここはチェックを入れておきましょう。

● Layout

左側のチェックボックスにチェックを入れてみると、右側の部分にプレビューが映し出されます。
ここは、ご自分のお好みで選んでいきましょう^^

● Customeize

表示される関連記事をカスタマイズします。
これもお好みで構いませんが、特にこだわりがない場合『Display Thumbnails For Related Posts』にチェックを入れておけば、大きな間違いはありません。

Display Thumbnails For Related Posts サムネイル画像を表示する
Display Number of Comments コメント数を表示する
Display Publish Date 投稿日を表示する
Display Post Excerpt 200 Maximum … 本文抜粋の表示(数字は文字数)
Enable custom CSS CSSをカスタマイズする

 

必ずしておくべきAdvanced settingsは以上になりますが、
その下に記載されていますその他の設定も一応解説しておきます。

特にこだわりがない場合は、デフォルトのまま飛ばしてしまって大丈夫です。

 

● Default thumbnails

投稿された記事の中に画像が無かった場合、サムネイル画像の無い記事になってしまうため、
そのような場合に表示させる画像をあらかじめ設定しておくところです。

● Custom size thumbnails

表示されるサムネイルのサイズを自分の好きなサイズにカスタマイズすることができます。

 

3、Other Settings

Advanced settingsのなかに『Other Settings』という項目があります。
ここもしっかりと設定をしていきましょう。

Wordpress Related Posts、設定方法、設置位置

 

 

● Exclude these Categories

ここでチェックを入れたものは関連記事には表示されません。
私の場合は一応、“未分類”にチェックを入れてあります。

 

● チェックボックス

その下にあります3つのチェックボックスは、関連記事を表示される位置の選択です。

Auto Insert Related Posts 関連記事を自動で表示する
Display Related Posts in Feed RSSフィードに表示する
Support us WordPress Related Postsのロゴを表示する

 

デフォルトでは一番うえの『Auto Insert Related Posts』にチェックが入っていますが、
関連記事を表示させる位置をご自分で決めたい場合にはチェックを外しておきます。

そして、『外観テーマ編集単一記事の投稿』へ移動し
関連記事を表示させたい位置に以下のコードをペーストしましょう。

<?php wp_related_posts()?>

 

WordPress Related Postsの設定は以上になります。
お疲れ様でした。

 

関連記事を表示させる場所について

関連記事を表示させる場所についてですが、トレンドサイトを運営する場合
記事下にはアドセンス広告を設置していきます。

そして、Wordpress Related Postsを設定した場合も
デフォルトでは記事下に表示されるようになっています。

ですが、アドセンス広告は記事直下に設置することでクリック率が高まりますので
記事本文アドセンス広告関連記事という順番で設置することが好ましいですね。

参考記事:記事下広告の設置方法

 

『外観>テーマ編集>単一記事の投稿』から、
アドセンス広告の真下に先ほどのコードを貼り付けておくとベストです。

 

まとめ

今回は、Wordpress Related Postsの設定方法と設置方法を解説して参りました。

最初は少し複雑に感じてしますのですが、
WordPress Related Postsはどんなサイトを運営していく上でも大切なプラグインです。

サイトを開設したらすぐに導入して設置しておくことをオススメします。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。