ツール

Raptureのダウンロードと使い方の解説|Windowsでもスクリーンショットしよう

自分のサイトを運営するようになると、画像のキャプチャツールを使う機会も多くなってきます。ビジネス使用のキャプチャソフトは、手軽で使い勝手の良いものを見つけたいですよね。

Macの場合は最初からスクリーンショット機能が搭載されているので、特にソフトをダウンロードしたり、購入したりする必要はありません。

しかしWindowsであれば全画面スクリーンショットは[SCprint]というキーボードを押せば良いだけなのですが、画面をキャプチャ(一部分だけ切り取る)という機能はデフォルトでは搭載されていません。

なので今回は、Windows使いの方でも簡単にお使いいただける、『Rapture』という無料ソフトのダウンロードと使い方をご説明していきたいと思います!

ネットビジネスでとてもよく使うキャプチャ機能

ネットビジネスを行ううえで画像の編集ソフトと同じくらい、スクリーンショットやキャプチャソフトを使う機会も多いです。“スクリーンショット”は画面全体を撮影する機能で、“キャプチャ”というのは画面の中から選択した部分だけを切り取って撮影すること。

どちらも大変重宝する機能ですが、Macにはこのキャプチャ機能がデフォルトで搭載されています。

[shift]+[command]+[4]を同時に押すことでカーソルがキャプチャのマークに切り替わるので、切り取りたい部分を選択するだけでキャプチャが出来てしまいます。

一方、Windowsにはそういった機能は最初から入っているわけではないので、ソフトをダウンロードして使う必要があります。

そこで、今回ご紹介するのが圧倒的なユーザー数を誇る『Rapture』という無料であり有能なキャプチャソフトです!

Windowsユーザでも簡単・便利にキャプチャが出来る最高のツールですので、ぜひこの機会にダウンロードして使ってみましょう^^

Raptureのダウンロードから使い方を解説

ダウンロードしてみよう

さて、前置きはここまでにして、実際にダウンロードするところから解説していきますね。

まずは検索窓に『Rapture ダウンロード』と打ち込んでみましょう!一番上に出てきたダウンロードサイトに入っていきます。

 

Rapture、ダウンロード、使い方、解説、Windows、スクリーンショット

 

すると、サイト内のすぐ下に[ダウンロードページへ]と書かれたリンクがありますので、矢印で囲まれたこちらをクリックします。

 

Rapture、ダウンロード、使い方、解説、Windows、スクリーンショット

 

更に、このような画面が左上に出てきます。これも[今すぐダウンロード]を選んでOKです。

 

Rapture、ダウンロード、使い方、解説、Windows、スクリーンショット

 

するとすぐにダウンロードが始まり、『rapture』と書かれたzipファイルで保存されているはずなので、ダウンロードファイルを確認し、zipファイルを解凍します。

 

rapture1Rapture、ダウンロード、使い方、解説、Windows、スクリーンショット

 

ここまででダウンロードは完了です。

実際に使ってみよう

さてここからは実際に使ってみたいと思います。先ほどダウンロードし解凍したファイルのなかに入ってみるとこのようになっていると思います。

 

Rapture、ダウンロード、使い方、解説、Windows、スクリーンショット

 

赤枠で囲んであるアイコンをクリックして、アイコンを展開します。すると今度はアイコンがおにぎりになりますので、ここまできたら準備は完了です!

 

Rapture、ダウンロード、使い方、解説、Windows、スクリーンショット

 

あとは、このおにぎりをクリックすることでおにぎりマークのカーソルが出てきますので、画面上のキャプチャしたい部分を選択するだけです。

すぐにその場で撮影が完了し、画像が取り込まれますので、右クリックで『ファイル保存』を選択することで、今撮影したキャプチャを任意の場所に保存することができます。

Raptureの使い方はたったこれだけです^^とっても簡単ですよね?

おにぎりマークをファイルのなかから抜き取って、デスクトップやタスクバーに置いておくと、いざというときにサッとRaptureの機能が使えますので、とても便利です。

ちなみに、ネットビジネス実践者でなくてもビジネスマンであればキャプチャ機能はよく使いますので、覚えておいて損はないソフトですよ。

便利な自動保存機能を活用しよう

ここからはRaptureの補足説明になりますが、先ほど少し触れたようにRaptureで撮影した画像はそのまま右クリック→『ファイル>保存』することができます。

このときに、いちいちファイルを選択するのは面倒なので、あらかじめ『自動保存』を設定しておけばキャプチャした画像は自動でそのファイルに入っていきます。

こうすることで連続してキャプチャしたいときなどに非常に時間短縮になりますので、今回は自動保存機能を少し解説していきますね。

キャプチャした画像の上で右クリックし、[設定]>[保存]のタブへと進みます。赤枠で囲った部分を最初に設定しておきましょう。

 

Rapture、ダウンロード、使い方、解説、Windows、スクリーンショット

 

標準フォーマット 画像の拡張子(今回はJPEGにしました)
JPEG品質 画像の解像度
フォルダ ここを設定することで、自動で保存されるファイルを選択
履歴 キャプチャした画像を何日保存しておくか選べます

 

この4箇所をあらかじめ設定しておくことで、いちいち画像をファイルに保存したりファイル形式を気にする手間が省けますのでオススメですよ^^

この他にも[描画]といったように撮影した画像にペイントしたりする設定もありますが、画像加工のソフトについては別の記事で詳しく解説していきますね。

今回はまず、ソフトをダウンロードしたら絶対にやっておくべき初期設定ということで、[自動保存]についての設定方法を補足で解説してきました。

よかったら、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

それでは、今回はWindows専用のキャプチャソフトである『Rapture』についての解説をして参りました。そんなに難しいことではないので、解説の通りに進めていただければ難なく使えるようになると思います。

簡単に、Raptureのダウンロードから使い方をまとめてみます。

■ Raptureをサイトからダウンロード&解凍
■ おにぎりマークを展開しダブルクリック
■ カーソルをキャプチャしたいところに持っていき切り取る
■ 画像の上で右クリック→『ファイル<保存』で任意の場所に保存

これで、Raptureを手軽に使えることができたかと思います^^

それでは今回の解説はここまでになります。最後までご覧いただき、ありがとうございました!

画像の説明

関連記事

  1. アスメル、メルマガ登録、フォーム、CSSジェネレーター、使い方、おしゃれ、デザイン、方法

    DRM

    【アスメル】メルマガ登録フォームをCSSジェネレーターでおしゃれにデザインする方法

    Wordpressサイトを使って情報発信を行い、メルマガ読者を募る際に…

  2. ツール

    【iPhoneユーザー】重たい動画データをやりとりするにはAirDropが超早くて便利

    iPhoneで撮った重たいデータ量の動画をどのように人に送ろうか。と悩…

  3. 持ち歩ける,ホワイトボード,nu board,ヌーボード,A4判,使い方

    ツール

    持ち歩けるホワイトボード“nu board(ヌーボード)”A4判が便利すぎた!ので使い方を解説。

    DRMを実践しながら法人向けコンサルや事業開拓などを行っている私にとっ…

  4. XML Sitemaps、使い方、Search Console

    ツール

    XML Sitemapsの使い方とSearch Consoleとの紐付け方法を解説

    Googleが提供する無料プラグイン『Google XML Sitem…

  5. ツール

    便利なテキストエディタTextMate2をサイトカスタマイズに活用しよう!

    サイトをカスタマイズする際に必ずすべき“バックアップ”。これを怠るとサ…

  6. トレンドアフィリエイト、Googleアナリティクス、アクセス解析方法

Twitter

  1. ダイレクト出版、年間購読、月刊ビジネス選書、評価、レビュー、オススメ、理由

    DRM

    ダイレクト出版の月刊ビジネス選書評価レビュー|私が年間購読をオススメする理由
  2. GoogleAdsense、動向、トレンドブログ、方向性、コンテンツ、質

    Google

    【GoogleAdsense動向】トレンドブログの方向性はコンテンツの質重視
  3. ブラック企業,教育制度,自分を信じて突き進もう

    ノマド

    ブラック企業の教育制度にくじける必要はない|自分を信じて突き進もう。
  4. アスメル,サンキューページ,設定,方法,メルマガ読者,ネクストアクション

    DRM

    【アスメル】サンキューページを設定し登録者にネクストアクションを促す効果的な方法…
  5. altタグ、意味、付け方

    SEO

    altタグの意味と付け方を詳しく解説!画像には代替テキストを記述しよう
PAGE TOP