テクノロジー系

ヘッドホンの種類と特徴を知って選ぶ|おすすめの人気商品ランキング5!

家電量販店で、ついついヘッドホンを長い時間視聴してしまった経験ってないですか?あんまりないですかね(笑)日本では、iPodが普及してもイヤホンを主に使っている人が多く、ヘッドホンはそこまで愛用者が多くないイメージです。

しかし最近、あることがあってヘッドホンが注目を集め始めました。その理由は、昨年『AppleがBeatsを買収』したというニュースが飛び込んできたからです。Appleは、Apple MusicやBeatsの買収を始め、近年低迷ぎみだった音楽業界にどんどん参入してくることになりそうですね!

いざヘッドホンを買おう!と思って家電量販店に行ってみても、数ある有名メーカーがヘッドホンを出しているし、価格帯も全然ちがう。そもそも、違いがよくわからない…。そんな風に思ったことありませんか?

そこで今回は、人気のヘッドホンの紹介と各メーカーの特徴などを紹介していきたいと思います^^

ヘッドホンを買う前の予備知識!音の違いは『得意な音楽のジャンル』で決まる?

まず、ヘッドホン売り場やネットなどで色々調べてみるものの、あまりの種類の多さと価格帯の幅広さで、買い物をするのもいやになってしまうほどです^^;

で、まずは何を考えて買うのかというと、自分が出せる価格。これは、はっきりと決めておいた方が良いでしょう。ヘッドホンに限ったことではないですが、商品はピンキリで、そして安かろう悪かろうなので、高ければ良いものが買えるし、安ければそれなりです。

なので、『自分が出せる価格の範囲のなかで最も良いものを購入する』と決めてしまいましょう!

ちなみにどこのメーカーも、安いものから高いものまで売り出しているので、携帯会社みたいに『auかな、ドコモかな、いやっ、ソフトバンクかな!』という単純なものではないのが難点なんですよね・・。

そこで、先ほど書いたようにまずは価格をハッキリと決めてしまい、そのあとに『どんなジャンルの音楽を主に好んで聞いているのか』ということをよく分析してみましょう!

不思議なことにヘッドホンというものは、同じ曲を流してよ〜く聞き比べをしてみるとわかるのですが、各メーカーで、全然流れて来る音が違うんです。

で、これこそがヘッドホンの核心にも近いものなんですが、ヘッドホンの各メーカーには、『得意なジャンル』というのがあるからなんです!!

得意なジャンルとはどういうこと?

『各メーカーに得意なジャンルがある』と言われても、いまいちピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんので、カンタンに説明していきますね^^

ヘッドホンには、日本では大人気でも海外ではそこまで売れていないものもあれば、海外ではメジャーなのに日本ではそこまでユーザーが流布していないメーカーなどもあります。

それこそ、全てを把握するわけにはいかないので今回の記事では、それなりに日本でもユーザーがいて、価格もリーズナブルで、そして実際に聞いてみて良かったものだけを紹介していきますのでご安心ください。

で、ですね。

ヘッドホンには必ず、メーカーごとに得意なジャンルというのがあるというお話をしましたが、これはそのメーカーの特徴やルーツを辿ると、すぐに分かるものなんですね。

例えば、最近すごく流行っている『Beats』というメーカーのヘッドホンがあります。サイドに『b』と書いてるヘッドホンです!最近急によく見かけるようになりましたよね?

あのメーカーは、Hip-hopで有名なアーティストの2人(ドクター・ドレー&ジミー・アイオヴィン)がタッグを組んで創立した会社なんです。彼らが目指したのは『最高のHip-hopが聞けるヘッドホン』!Hip-hopが盛んな日本でよく流行る理由がわかりますよね?

特に、このジャンルはアニソンに強いので、日本では今後更に人気を確立していくと思いますよー。

他にも、最近ジワジワと人気を上げてきているのは『Marshall(マーシャル)』という、ヘッドホンにしては珍しい“四角いハウジング”が特徴の大手メーカーです。

ご存知の方も多いと思いますが、長年ロックミュージシャンに愛されてきたギターのアンプメーカーである、あのMarshallです。ちなみに現在の日本でも、ほとんどのライブハウスやリハーサルスタジオで使われています。

Marshallがヘッドホンを発表したときには、かなり話題になりましたよね!

で、Mershallは元々のメーカーの特性から、弦楽器の音にめちゃくちゃ強いです。ギターアンプメーカーなのでそれも当然なんですけど!でも、今までありそうでなかった特性ということもあって、コアなファンが世界中についています。特にバンドマンや、バンドファン。

楽器の音に関しては特に躍動感がハンパないので、曲の立体感が他のメーカーとは全然違います。大音量でロックなどを聴く人にとっては、たまらない一品となるはずです。

・・・と、こんな感じでまだまだ挙げたらキリがないのですが、とにもかくにも、メーカーによって強いジャンル、得意なジャンルが様々なのが分かっていただけたでしょうか?

この特徴を知ってうえで、自分の好きなジャンルを最も心地よく聞けるメーカーを選び、そのメーカーの中から予算内で変える商品を買うのがオススメですよ(^^)

満足度の高いヘッドホンランキング〜!(密閉型のみ)

ではでは、ここからヘッドホン選びにこだわって購入に一週間かけた私が、あらゆるメーカーや家電量販店で視聴しまくった結果、心に残ったヘッドホンランキングをつけました!

ここではジャンルには特にこだわっていませんので、気になるものがあれば直接お店に行って耳にはめてみると良いですよ。ちなみに、密閉型のみのランキングですのでご留意を(^^)

第5位:SONY MDR-10R/B ¥9,980〜

スクリーンショット 2015-11-06 19.43.36

 

安心、安定の日本の大手メーカーSONYの製品を買っておけば間違い無し。そう思っている方も多いはずです(^^)SONYは豊富な種類のヘッドホンを開発しており、デザインもシンプルなので一見、その違いがよく分からない方も多いと思います。

ただ、海外のメーカーに比べ、やっぱりコスパがかなり良いと思いますね。例えばこの商品もそうですが、1万円出せば、素晴らしいクオリティのものが手に入るところはさすがはSONYと思わされます。

ちなみにSONYは音質でいうと中〜高温が綺麗で高音質です。J-popを始めオーソドックスなものを幅広く聞くのであればSONY1台で充分なくらいですよ!

 

第4位:Marshall MAJOR-Mic ¥7,750〜

スクリーンショット 2015-11-06 19.51.06

 

これが、先ほど前章で少しご紹介しました、Marshallのヘッドホンです!

ハウジングが四角という変わったデザインに、これでは分からないのですがカールヘッドで更にオシャレかが漂います。他のメーカーと違ってかなりクラシックなデザインなのが人気の理由とも言えるでしょう^^

まだあまり道で使っている人を見かけることが少ないMarshallですが、恐らくこれからジワジワとブームになっていくでしょうから、ちょっと先取りしたい人にはGOOD。

また、デザインや雰囲気的にも女性ウケが良い商品と言えますので、女性へのプレゼントにご検討されてみても良いですね。

 

第3位:BOSE SoundLink AE Ⅱ ¥34,560〜

スクリーンショット 2015-11-06 20.02.09

 

オーディオメーカーとしてはかなり有名なBOSEが第3位にランクイン。

その実力は知る人ぞ知るものだと思います^^BOSEの最大の特徴は、その重低音の素晴らしさ

重低音の響く音が好きな人は、『BOSEじゃなきゃ聴けない』ってほどの圧倒的な重圧感を醸し出すため、他のメーカーとは一線を画した高価格帯メーカーのひとつとなっています。

ここで紹介した商品を私が初めて視聴したとき、あまりの素晴らしさに思いがけず鳥肌が立ってしまいました!前にも後にも、これほどヘッドホンに魅了されたのは初めてだったので、個人的には非常に思い入れの深い商品なんです。

ぜひあの感動を全ての人に味わってもらいたいですねー!
ちなみに、BOSEの商品はデザインもシンプルでとてもスタイリッシュですよ。

 

第2位:Beats by Dr.Dre Solo HD ¥12,850〜

スクリーンショット 2015-11-06 20.11.26

 

さて、ここでいよいよ登場した『Beats 』。昨年、Appleが過去最高の30億で買収したことで、日本では非常に有名になりましたよね。

Appleは皆様もご存知の通りApple Musicを初め、ビーツ・エレクトロニクスを買収するなど音楽業界への進出へ意欲を見せています。すでに、Apple Storeではすべての『iPhone touch』製品と一緒にこのBeatsのヘッドホンが視聴用に揃えられ、Apple Storeで購入することも可能となっています。

また近年、音質が落ちると言われてきたBolue tooth搭載の無線ヘッドホンとしてもこれまでにない高音質を実現しています。これを機に日本でもワイヤレスヘッドホンが更に普及するでしょう!

音質としては先ほどもご紹介した通り、Hip-hopに定評のあるBeatsですから、スタイリッシュさと掛け合わせてもまず間違いのない逸品ですよ。

ただ、かなりの数の愛用者がいるので『流行にあやかってる感』が否めないのもまた事実・・人と同じで抵抗を感じる人は敬遠しがちな面もありますね。

 

第1位:AKG 密閉型ヘッドホンリファレンスクラス ¥16,800〜

スクリーンショット 2015-11-06 20.22.31

 

注目すべき第一位は、AKG(アー・カー・ゲー)のヘッドホン!!

米国では、昔からアーティストの間でもかなり有名なメーカーでありながら、日本ではまだそれほど大人気というわけではないようです。その理由は当時、あまり日本人になじみのない低音〜中低音くらいがダイナミックに聞こえるというのがAKGヘッドホンの大きな特徴だったからだと考えられます。(ジャズやクラシックなどの弦楽器を中心としたジャンル)

しかし、今やどこの音域もしっかりとカバーしており、とても聴きやすい音質で、心地よい時間を過ごすことができる優れものです。

AKGは、オーストリアが本社で、今なお大手オーディオメーカーとして世界的に知名度の高い企業です。このAKGヘッドホンを一位にした理由は色々とありますが、まず、全体的に点数の高い優等生的製品です。どこの音域も美しく、聴きやすく、構造もよくできていて疲れにくさもあり、デザインもおしゃれで、老舗ならではのオーラがあります。

それから、価格もここで紹介したのよりもっと低価格帯の1万円台とかでも、充分すぎるくらいのクオリティの商品が買えますので、その点もポイントが高かった部分です。ぜひ、これからヘッドホンの購入を検討している方々には試してもらいたい商品ですね^^

まとめ

かなり詳しくここまでヘッドホンについて熱弁して参りましたが、いかがでしたでしょうか!?

ランキングをおさらいしてみましょう。

1、AKG 密閉型ヘッドホンリファレンスクラス

2、Beats by Dr.Dre Solo HD

3、BOSE SoundLink AE Ⅱ

4、Marshall MAJOR-Mic

5、SONY MDR-10R/B

今回は、絶対にハズレない定番のメーカーと、そしてamazonなどのレビューを参考に、人気の高かった商品を吟味して選びました。価格帯もあまり縛らずに定番のものをご紹介しましたので、気になるメーカーがありましたらぜひ視聴してみて欲しいと思います^^

それでは素晴らしいMUSIC LIFEをお楽しみください!
女性は夜道のヘッドホンには充分にお気をつけ下さいね。

画像の説明

関連記事

  1. ツール

    【iPhoneユーザー】重たい動画データをやりとりするにはAirDropが超早くて便利

    iPhoneで撮った重たいデータ量の動画をどのように人に送ろうか。と悩…

  2. テクノロジー系

    SIMフリー携帯は年齢認証ができない!?【最新情報】|解決するただひとつの方法とは

    2015年には入り、SIMフリー携帯の動きが高まっていますね!と、いう…

  3. ツール

    超ブルーライト削減appの使用感をレビュー!アプリの評価と口コミも

    毎日PCで作業をしている私にとって、ブルーライトカットは超重要事項です…

Twitter

  1. マルエン,Chiharu,実践1ヶ月,月収1万円達成,インタビュー

    マルエン

    【マルエン】1記事2,000pvの小爆発、実践1ヶ月で月収1万円を達成したChi…
  2. Wordpress、CTA、プラグイン、WordPress Call To Action Plugin、使い方

    プラグイン

    WordPressにCTAを設置するプラグインWordPress Call To…
  3. 記事内、ソースコード、Crayon Syntax Highlighter

    プラグイン

    記事内にソースコードを埋め込むプラグインCrayon Syntax Highli…
  4. GoogleAdsense、動向、トレンドブログ、方向性、コンテンツ、質

    Google

    【GoogleAdsense動向】トレンドブログの方向性はコンテンツの質重視
  5. Google Analyticsの導入と設定方法

    ツール

    Google Analyticsを導入しトラッキングコードを取得する方法
PAGE TOP