Contact Form7でチェックボックス付きお問い合わせフォームを作る方法

独自ドメインでサイトを運営するようになったら、
最初にやっておきたい初期設定のひとつに“お問い合わせフォームの作成”があります。

これは、クリーンで健全なサイトを運営するという前提で考えると
『管理人に直接連絡できるところがある』というのは
非常に大切なことであると言えますね。

また、ある程度のアクセス数が集まり出すと
誰でも必ず一度は『スパムメール』の嵐に遭遇しますが

これは主にブランド商品の広告宣伝のようなものが多く
特になにも対策を施していない場合、一日に物凄い数のメールが届きます。

スパムメール対策といった意味でもチェックボックス付きで
お問い合わせフォームを作っておくことをオススメします^^

今回の記事ではチェックボックス付きの
お問い合わせフォームをつくる方法を解説します。

チェックボックスでスパムメール対策をしよう

トレンドサイトを運営し始めると、
最初の方はあまりアクセスが思うように集まらないものですが、

SEOが強くなりアクセス数が集まり始めると、
ポツポツとスパムメールが届くようになります。

その多くは、記事のコメント欄やコンタクトフォームから届く場合がほとんどです。

私が運営していたトレンドサイトには
特になんの対策もせずお問い合わせフォームを取り付けていましたが、
その当時はコメント欄から大量のスパムメールが届きました。

しかしその後、新しくサイトを作成したときには
真っ先にチェックボックス付きのお問い合わせフォームを導入し
驚くほどに迷惑メールが激減しました。

ですから、そういった意味でも、
単に問い合わせフォームをつくるという目的以外にも

“迷惑メール対策”という意味で
チェックボックス付きのコンタクトフォームを作成してみてくださいね。

今回は、WordPressユーザーから圧倒的支持を得る『Contact Form7』で
“チェックボックス付き”お問い合わせフォームをつくる方法をご紹介していきます。

参考記事:Contact Form7でお問い合わせフォームをつくる方法

チェックボックス付きお問い合わせフォームをつくる方法

まず、『ダッシュボードお問い合わせコンタクトフォーム』へ移動します。

すると、下の画像のような編集画面に切り替わりますので、
『フォーム』というところから<承諾確認>というボタンをクリックします。

迷惑メール、コンタクトフォーム7

 

すると、次のような<承諾確認>タグ生成画面が出てきますので、
ここで赤枠で囲まれたタグをコピーしておきます。


迷惑メール、コンタクトフォーム7

次に、コピーしておいた<承諾確認>タグを任意の場所にペーストします。

これはどこでも構いませんが、内容の確認という役割もあるので
ここでは「メッセージ本文」の下に生成することにします。

一応、

『この内容で宜しければチェックを入れて送信してください』、
『上の内容で宜しければチェックしてください』など、

なんでも良いので一言入れておくとなお良いでしょう。

迷惑メール、コンタクトフォーム7

 

これで更新ボタンをクリックすると、
次のようにきちんとコンタクトフォームにチェックボタンが追加されているのが分かります。

これだけで、あっという間に
スパムメールが来ないお問い合わせフォームをつくることが出来ました。

特に労力もかからないうえ、とても有効な対策なので、
あらかじめやっておくと良いかもしれませんね。

 

迷惑メール、コンタクトフォーム7

まとめ

・Contact Form7の設定画面へ
・フォームから「承諾確認」ボタンを押してタグを生成
・生成したタグをコピーしておく
・チェックボックスにチェックを入れてもらうよう一言を添えて、任意の場所にタグをペースト
・更新して設定完了

以上が、迷惑メール対策&お問い合わせフォーム作成プラグイン
『Contact Form7の』の解説でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。