MacでセールスレターなどのHTMLページをPDFに変換して保存する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。Hitomiです!
今回は、HTMLページをPDFに変換して保存しておく方法をご紹介致します。

この方法はあくまでMac OSに対応した方法なので、ご注意ください。

期限あるセールスレターを画像化して保存する

インターネットビジネスをしていると、
年に何度も『プロモーション』なるものに出会います。

この『プロモーション』と呼ばれるものは、
インターネットビジネス実践者のなかでも大きく成果をあげている実力者が、
きちんとマーケティングのエッセンスに乗っ取って行うものです。

なので、プロモーション自体をよく観察するだけでも充分勉強になります。

更に、その中でも特に注目すべきが『セールスレター』です。

『セールスレター』とは、
読者にコンバージョンしてもらうための最終アプローチです。

ズラーっと縦に長いレターのようなものがそれに当たります。
一度は見たことがあるのではないでしょうか?

このセールスレターでプロモーションの出来が決まると言っても過言ではありません。

しかしセールスレターというものは、
プロモーションが終わり次第消されてしまうものなので、
ページをそのままブックマークをしておいても意味がないのです。

そのhtmlページそのものをPDFで保存しておくことで、
一過性ではなくいつでも見返せる『画像』になります。

ですから、ぜひこの方法を覚えて、
ご自分のプロモーションの際にはセールスレターをつくるときの参考にすると良いですね。

MacでhtmlをPDFに変換して保存する方法

さて、そこで今回はMacでhtmlページをPDFに変換する方法と、
保存する方法をご紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

Windowsユーザーの方は、同じ方法は使えないのでご注意くださいね。

PDFに変換

まずはPDFに保存にしていきましょう。

該当のhtmlページを開いたら、『ファイル印刷』と進みます。

印刷の設定画面に切り替わりますが、
今回は印刷ではなくあくまでPDFです。

印刷設定画面の最下部『PDFをプレビュー』をクリックしましょう。

 

Mac、HTMLページ、PDF、変換、保存、方法

 

Mac、HTMLページ、PDF、変換、保存、方法

 

すると、しばらくしてAcrobatが立ち上がり、
先程のhtmlサイトがPDFで表示されます。

変換したら、保存

ここまでくればあとは非常に簡単。

先程のページがPDFで表示されたら、そのまま『ファイル保存』です。

 

Mac、HTMLページ、PDF、変換、保存、方法

 

そうすると、プロモーションが終わりhtmlページが閉鎖されても、
セールスレターは何度でも見返すことができるわけです。

この方法を使ってセールスレターの研究に大いに役立ててくださいね!

まとめ

さて今回は、htmlページをPDFとして保存しておくことで
一過性ではなく何度でも他のかたのプロモーションを見返し、
勉強や研究に使う方法をご紹介してきました。

このように、成果を挙げている人ほど他のかたのプロモーションに対し
貪欲に学び、研究を欠かさない傾向にあります。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

それでは最後までご覧頂き、ありがとうございました。

無料メールマガジン

画像の説明

公開日:2016/06/06

SNSでもご購読できます。

コメントを残す