ネットビジネス=怪しい?詐欺?ネットビジネスは稼げないと思っている人が見るべきアフィリエイトの真相

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ネットビジネス、怪しい、詐欺、稼げない、アフィリエイト、仕組み

近年、ネットビジネスは年々、参入者が増えてきています。

一方で、『ネットビジネスは怪しい』『ネットビジネスは詐欺』『ネットビジネスじゃ稼げない』と思っている人もたくさんいます。

今回の記事は、そういった勘違いをしている人に読んでもらえると嬉しいですね。

ネットビジネスが怪しいとされる所以

そもそも、ネットビジネスが怪しいとされる所以はどこにあるのでしょうか?

数年前、与沢翼さんをはじめとするネットビジネス実践者が
アフィリエイト事業で荒稼ぎし豪遊する姿が
メディアで持てはやされる時代がありました。

この時代、『ネオヒルズ族』と呼ばれる人たちが数多く現れました。

しかしこのようなネオヒルズ族は、
稼ぐまくって豪遊している矢先、税金が払えずに破産するなど
お金持ちの反面教師』のような姿に映ったのもまた事実。

そもそも日本人は『めちゃくちゃお金持ち=怪しい』
という固定観念を持っている人も多いですから、
そういった点でもネットビジネスが怖い、怪しいと言われるようになったのではないかと考えられます。

実際、アフィリエイトって何?

で、実際にアフィリエイトって何?ということが
よく理解されていないように思いますが

アフィリエイトとは、『紹介料』です。

誰かの売っている商品を、
インターネット上で代わりに売ってあげるのがアフィリエイトです。

商品が成約すれば、紹介した人に報酬が振り込まれる
成約報酬型』というものが主なモデルです。

たくさん売れれば紹介料がたくさん入りますし、
売れなければアフィリエイターでも稼げません。

自社商品ではないものを営業代行で売るという点では、
商社と同じですね。

しかし、インターネット上でモノを売るというのは
決して容易いことではありません。

なので、紹介料とはいえ、商品が成約すれば
ひとつで7〜8,000円の報酬が確約されるわけです。

GoogleAdsenseアフィリエイトの仕組み

アフィリエイトには様々な手法がありますが、
初心者の参入者が多いのは『トレンドアフィリエイト』です。

こちらも、基本的な仕組みはアフィリエイトと同じですが、

グーグルアドセンスの場合は
アフィリエイトのなかで最も参入障壁の低い
クリック報酬型』というものになります。

Googleの発行する広告タグを記事のなかに埋め込み表示させ、
記事閲覧者がその広告を“クリック”すれば、
サイト運営者にワンクリック30円程度の報酬が振り込まれます。

こちらは、『成約報酬型』とは違い、
報酬が異常に低いのがお分かりでしょうか?

これが、『クリック報酬型』の特徴です。

つまり、『成約報酬型』とは違って
インターネット上で商品の購入まで求められないのが
『クリック報酬型』の大きな特徴です。

簡単だから、単価が安い。

どちらを魅力的に感じるかは実践者の価値観によって違いますが、
真剣にやれば、どちらも普通に稼げます。

トレンドアフィリエイトで稼ぐ方法

じゃあ、そんなに単価が安いのに
トレンドアフィリエイトで稼いでいる人って
一体何をしているの?

という疑問が湧いてくるかもしれませんね。

トレンドアフィリエイトは、確かに単価は安いです。

しかし、記事にたくさんアクセスを集めれば
一定数は、必ず広告をクリックするのです。

私が教えている方法では
広告のクリック率は1%を超えます。

つまり、10,000アクセス集めることができれば、

100人が広告をクリックするので(広告単価は30円前後)、
3,000円の報酬になるということです。

これを30日間継続することができれば、
約10万円の報酬になることが分かります。

収益の考え方に関しては、
以下の記事で詳述していますのでご覧ください。

参考記事:【トレンドアフィリエイト】月収10万円に必要なPV数、CTR、CPCを解説

つまり、トレンドアフィリエイトの場合、
とにかくサイトのアクセス数を増やす』ことが肝です。

その為には色々な方法があるのですが、
芸能人系の記事が最もアクセスを集めやすいです。

なので、
トレンドアフィリエイト実践者は
いつも一生懸命芸能人ネタを探しています(笑)

もちろん、芸能人ネタでなくても稼げますよ。

インターネットビジネスが『怪しい』は時代遅れ

日々、メルマガなどでご意見・感想をいただいたり
インターネットビジネスに対する疑問、不安を頂きます。

2016年においてもまだ、
インターネットビジネスをやるということが
怖い、怪しいと思っている人は後を絶ちません。

でも、よく考えてみてくださいね。

この時代においては、
皆さんが日常的に使っているサイトや企業も
みんなインターネットビジネスをしているんです。

アマゾンはどうでしょうか?
楽天は?

自社の製品ではない商品を、
ネットショップで代行販売していませんか?

商品のメーカー側も、アマゾンや楽天が
商品掲載料』を支払っているからなんですよ。

これって、アフィリエイトと同じです。

CMはどうでしょうか?

ドラマや番組とは全く関係のない商品の広告が
丁度良いタイミングで入ってきて、
ついイライラしたことはありませんか?

これも、商品のメーカー側がテレビ局に
 『広告料』を支払っているからなんですよ。

これって、Google adsenseと同じですね。

近年はインターネットという媒体のユーザーが伸びてきているので
これまでの『広告』という仕組みがテレビではなく
インターネットに移ってきている。

だから、『紹介』『広告』という、
昔からあるビジネスの仕組みが
インターネット上で行われるようになってきているだけです。

これが、インターネットビジネスの真相です。

インターネットビジネスが怪しいというお気持ちは分かりますが、
今やどの企業にもホームページと呼ばれるものが存在しますし、
大きなところだとオンラインストアを運営しているところも多いです。

もっと広い視点で世の中を見渡してみると、
インターネットビジネスに対しての抵抗がなくなるかもしれません。

インターネットビジネス実践者の顔出し、名前出し

更にインターネットビジネスの実践者は
本名でやらない顔出しをしないという特徴があります。

これが、怪しいと思われる理由のひとつかもしれませんね。

ただこれは多くの実践者が『副業』という形で
ビジネスを始めていることから起因されます。

会社にバレるわけにはいかないですからね。
最初は私もそうでしたから分かります^^;

しかし最近では、顔出し・本名で取り組んでいる人も多いです。

ビジネスネーム、顔出し無しではちょっと怖い…という人は
本名、顔出しで取り組んでいる人に教えを乞うと良いですよ。

ちなみに、本当に詐欺のようなことをしている人はごく少数です。

私のメンターも、
顔出しもせずビジネスネームですが、非常にちゃんとした方ですし、
そのコミュニティの方々も皆さん真剣に取り組んでいらっしゃいます。

心配事があれば、ぜひメッセージなどいただければと思います。

無料メールマガジン

画像の説明

公開日:2016/05/16
最終更新日:2016/08/14

SNSでもご購読できます。

コメントを残す