インターネットビジネスにおけるペルソナマーケティング戦略とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
インターネットビジネス、ペルソナマーケティング、とは

ペルソナ戦略』とは、マーケティングにおける効果的な戦略のひとつとなっています。

インターネットビジネスを実践する際にも、
この『ペルソナ戦略』を活用することでより効果的に訴求力を強めることができます

特に情報発信ビジネスをされている方は参考にしてみてください。

ペルソナマーケティングとは

そもそも、“ペルソナマーケティング”とは一体なんのことでしょうか?

ペルソナとは、あなたが提供する製品やサービスの理想の顧客人物像です。
もっと言うと理想の人物、つまり『特定の誰かひとり』という訳です。

商品やサービスを提供する際には、その『特定の誰かひとり』に向けてのみ
サービスを開発し、提供し、改善してゆく必要があります。

なぜなら、商品を提供する側というのは、できることなら『誰にでも使って欲しい』という願いが根本にあるがゆえに、つい汎用性の高いものを作ろうとしてしまいます。

しかし実は、その考え、行為自体が逆効果なのです。

誰の心にも刺さる商品』をつくろうとすると、
誰の心にも刺さらない商品』が出来上がります。

しかし『特定の誰かひとりに刺さる商品』だけを目指してつくることで
きちんと、『理想のターゲット顧客に愛される商品』が出来上がります。

逆説的なのですが、実は『特定の誰かひとりに刺さる商品』を目指すことが
現代の多様化するマーケティングにおいて、必須項目になりつつあります。

インターネットビジネスにおけるペルソナ戦略

では、インターネットビジネスにおけるペルソナ戦略とはマーケティング
一体、どのようなものでしょうか?

これは、主に情報発信ビジネスをする方にとっては
非常に大事な戦略となってきます。

例えば、サイト、ブログ記事を読んで欲しい人、
更にはメルマガに登録して欲しい人や、読んで欲しい人。
実際に自分の商品を買って欲しいと思う理想の人物像を設定しましょう。

・性別
・年齢
・仕事
・趣味
・生活スタイル
・髪型、服装
・口癖
・家族や友人はどんな人か
・将来の夢、ビジョン
・悩み、不安、考え事

などのように、
考えられることは全て文字に起こしましょう。

できれば、名前もつけましょう。

そして、その人だけに刺さるようなコンテンツや情報を日々発信することが重要です。

そうすることであなたの情報発信の訴求力が一段と増しますし、
発信する情報にブレがなくなるので、発信する側も楽になりますよ。

ペルソナシートを作成してみよう!

会社における事業などでは実に詳細にペルソナ戦略を練るので
詳しい内容やシートの作成方法等は調べてみてくださいね。

実際にあなたの理想のターゲット人物像が描けたら…

架空の人物とは分からないくらい詳細に文字に起こし、
プロフィールシート』を作成してみましょう。

イメージ的には、就活で使う履歴書ですね。
それ一枚見れさえすれば、その人の経歴や人となりが一目で分かるようなものです。

その人物に

・自分の発信する情報が興味を持ってもらえるかどうか?
・心に刺さるかどうか?
・感銘を受けてもらえるかどうか?
・商品を買ってもらえるかどうか?

これだけを考えて、日々発信していきましょう。

やみくもに自分の価値観をがんがん発信するのも大事ですが、
きちんと理想の顧客を描いておかないと
後々、自分が思わぬところで苦労するかもしれません…

優良顧客、見込み客の獲得

ペルソナ戦略を実践する最大の利点は、
優良顧客の獲得』という点になります。

理想の顧客をイメージしながら情報発信することで
当然ながら、理想とする顧客が集まりやすくなります

そうすることで、実際に自分がビジネスをする際に
精神的ストレスなくお付き合いができますよね。

発信する情報にブレがあると、
思ってもみなかった顧客を引き寄せてしまうことがあります。

一生懸命情報発信していたにも関わらず、
『こんなつもりじゃなかった…』という風にならないためにも
日々の情報発信を洗練されたものにしていきましょう。

そのためには、しっかりと時間をつくって
理想のターゲット顧客、ペルソナ戦略を練っておきましょう。

まとめ

今回は、マーケティング的な視点で
『インターネットビジネスにおけるペルソナ戦略』について
簡単に解説してまいりました。

こういったことは、やったほうが良いな〜と思いながら
実は、誰もがなかなかやらないものです。

だからこそ、この記事を読んだあなたはすぐにやりましょう。

徹底的にペルソナってくださいね。
頑張りましょう!

無料メールマガジン

画像の説明

公開日:2016/05/12

SNSでもご購読できます。

コメントを残す