Fetch as Googleの使い方と回数制限について解説|記事をインデックスに送信する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サイトをつくって間もない日数しか経っていない場合や、サイトのSEOがまだ弱いときには、「せっかく書いた記事がなかなか検索エンジンに表示されない」ということが起きてきます。

記事の更新というのは、Googleの“クローラー”と呼ばれるものが循環することで、『あ、この人のサイト更新されてる!・・表示させとこ』という感じで記事が更新されていくわけなんですね。

なので、あなたが今すぐ表示させて欲しいいわゆる速報系の記事を狙って書いたというのに、なかなかクロールさんが回ってこなくて記事がアップされない!ということが日常茶飯事。

しかし、そんな悩みを解決するべく、今回は『Fetch as Google』という機能についてご紹介していきます!

Fetch as Googleはなぜ行う必要があるの?

あなたが書いた記事が検索エンジンに出現するには、“クローラー”と呼ばれるロボットが自分のサイトに巡回しに来ること、そしてクローラーが、更新した記事の存在に気が付いて、ヨイショ!と検索エンジンに表示してくれる、という流れを経ています。

もちろんクローラーは、あなたのサイトだけではなくインターネット上のあらゆるサイトの巡回をランダムに行っています。

なので、記事を更新した直後に偶然にクローラーが通りがかるという幸運なことがない限り、なかなか記事がWEB上にアップされないものなんですね。

更に、SEOの強いサイトから優先的にインデックスされていくため、作って間もないサイトだったりSEOがまだ強くないサイトで記事を更新しても、思いのほかクローラーは巡回しにきてくれません^^

しかし、『Fetch as Google』を上手に利用することによって、クローラーに「おーい、記事を更新したよー」と教えることができるんです。

すると巡回中のクローラーが気が付いて、優先的にあなたのサイトを巡回しに来てくれる、ということです。

Fetch as Googleを使ってインデックスに送信する方法は難しくもなく、特に手間でもありませんので、今後トレンドアフィリエイトだったり、そのほかのネットビジネスを行う際にも、しっかり有効活用していきたいところですね。

Fetch as Googleの使い方を解説

それでは、前置きはここまでにして実際に『Fetch as Google』を使用してみましょう!

まず、更新した記事もしくはインデックスに送信したい記事のURLをコピーしましょう。

そして『Search Console』から今回Fetch as Googleを使用したいサイトにアクセスし、ダッシュボードに入ります。

 

Fetch as Google、使い方、回数制限、解説、記事、インデックス、送信

 

左端のメニューバーに、いくつかメニューが表示されていると思いますので、この中から『クロールFetch as Google』と選んでいきましょう。

 

Fetch as Google、使い方、回数制限、解説、記事、インデックス、送信

 

[Fetch as Google]を選ぶと、次に空欄でURLを入力するタブが現れます。

そこに、最初にコピーしていただいた記事のURLを貼り付けるだけ・・なんですが、この空欄の中にそのままペーストしてもうまくいきませんのでご注意くださいね。

必ず、ここでのURLとコピーしてきたURLが一致するように調節するようにしてください。

この空欄は単一記事のURLのみを記入するようになっていますので、前の部分が重複しているというケアレスミスが度々見受けられます。

Fetch as Google、使い方、回数制限、解説、記事、インデックス、送信

 

しっかりと確認ができたら、右横にある[取得]をクリックします。

 

Fetch as Google、使い方、回数制限、解説、記事、インデックス、送信

 

URLの取得がうまくいくと、『ステータス』のところが緑色で『完了』と出ます。

逆になにかが間違っている場合、その下のように『リダイレクトされました』という黄色のビックリマークが出てきますので、この場合は今一度URLを確認しましょう。

 

Fetch as Google、使い方、回数制限、解説、記事、インデックス、送信

 

『完了』マークが出ていると、その右隣に[インデックスに送信]というボタンが出てきますので、ここをクリックします。

続いて『送信方法の選択』というタブが現れますが、ここは上の[このURLのみをクロールする]を選択すればOKです!

 

Fetch as Google、使い方、回数制限、解説、記事、インデックス、送信

 

これで、無事あなたの記事が更新されたことを、クローラーにお知らせすることができました^^

Fetch as Googleを行えば必ず直後にクローラーが到着する、という確実性のあるものではありませんが、こういったことを地道に行う、できることは全部やっていくという姿勢が大事です。

記事を更新したら必ずやることとして、頭に入れておきましょう!

回数制限について

さて、大変便利なFetch as Googleなのですが、インデックスに送信できる回数には制限があります。

先ほど記事を送信する直前に出現したタブで、カーソルを合わせると出てくるのですが、

■ このURLのみをクロールする:月に500回まで
■ このURLを直接リンクをクロールする:月に10回まで

という、決まりがあります。

下の[このURLを直接リンクをクロールする]を選ぶ必要は特にありませんので、毎回の送信では上の[このURLのみをクロールする]と選んでいきましょう。

また、どんなに頑張って記事を書いても月に500以上更新するのはなかなか難しいと思いますので、ご心配されることなくどんどんFetch as Googleしちゃってください。

まとめ

今回はSearch Consoleのなかにある『Fetch as Google』についての解説をしてきました。

簡単に流れをまとめてみます^^

■ インデックスに送信したい記事のURLをコピー
■ Search Consoleから[Fetch as Google]へ
■ 先ほどコピーした記事のURLをペースト
■ [取得]が完了したら[インデックスに送信]

たったこれだけで、Googleのクローラーに記事の更新をお知らせすることができてしまいますので、ぜひぜひ、『Fetch as Google』を大いに利用していきましょう。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

無料メールマガジン

画像の説明

公開日:2015/11/25
最終更新日:2017/01/22

SNSでもご購読できます。

コメントを残す