SIMフリー携帯は年齢認証ができない!?【最新情報】|解決するただひとつの方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2015年には入り、SIMフリー携帯の動きが高まっていますね!と、いうのも大手3代キャリア(Docomo、Softbank、au)が揃いも揃ってほとんど同じ価格設定、しかも高い。ということから、『携帯代を安く済ませたい』と感じる人が増えてきているからなんですね。

日本はここ1〜2年で、海外からかなり出遅れてSIMフリー携帯が普及しました。この波に乗って、携帯代は安くて良い主義の私は、颯爽とSIMフリー携帯に乗り出しました。しかし…?

SIMフリー携帯ってなに?

元々ソフトバンクでAppleを使っていたのですが、それほど電話をするわけでもないので、Softbankの通話し放題が勝手に組み込まれた価格帯がもったいないように感じてSIMフリー携帯に乗り換えました。

と、いっても実際に私はちょくちょくと海外に行っているので、いずれにせよSIMフリー携帯にする意味はあったのですが。

SIMフリー携帯に関する詳述はここでは控えますが、メリットはとにかく安いこと。日本の現行の大手キャリアに比べ5分の1とかの価格設定です^^;私たちくらいの若者世代ならまだそれでも良いかもしれませんが、やはり子供やご年配の方だったりすると、そこまで携帯に勝ちを求めない人も多いですからね。

で、カンタンに仕組みを説明すると、日本の携帯会社のキャリア(大体はDocomo)の回線のみを使わせてもらって、キャリア自体は完全にフリーっていうことです。

このSIMフリー携帯に乗り換えて半年くらい経ちますが、なんの不便もありませんでした。ネットも早いしアプリや内蔵機能も文句無し^^!が、しかし・・・思わぬところで壁に打ち当たってしまったのです…。

それが、年齢認証です!

SIMフリー携帯では年齢認証ができない

SIMフリー携帯は年齢認証ができない』という噂は前々から聞いてはいたのですが、実際生活している中では年齢認証ができなくて不便なことってそんなにないですよね?

あ、ちなみに年齢認証ができないことで影響するのはLINEで『ID検索』ができないことくらいです。ID検索ができなくても、電話番号やふるふる、QRコードなどの読み取りでなんとかなりますしね^^

しかーーーーーし。

思わぬところで大きな壁にぶつかってしまったわけです。それが、LINE@です・・!今や、個人でビジネスをしようと思っている人であれば大いに活用すべきツールのひとつになりつつあるLINE@。

これが、個人事業主としてでアカウントを作る際には年齢認証が必須なんですよ。絶対に。年齢認証をしなくても一応アカウントは作れます。でも、肝心の個人チャットができないわけです。つまり、定型文をメンバー一斉に送ることはできても、個人的なチャットができない。それじゃあ、LINE@を利用する意味無し!じゃないですか・・?

ネットで調べていると、同じような悩みをお持ちの方は随分いるようです。年齢認証を通過する裏技的なものから、正規の方法で行う方法など、あらゆることが紹介してあります。

で、2015年11月現在はどうなっているかというと、これまで行えた全ての方法が使えなくなっています。私はドコモショップ、SIMカウンター、そして以前の携帯会社ソフトバンク、全て回って色々と聞いて回りましたが、年齢認証を行うための糸口は見つかりませんでした

ドコモの回線を使っているからといって、ドコモでの会員登録はできないとのこと。SIMを購入したカウンターではうちはSIMの接続までしかお手伝いできませんと言われ、ソフトバンクには当然ながら、例え残債が残っていてもマイソフトバンクに入ることもできないそうです・・・。

どこのキャリアにも属していない』ということは、こういうことなのかと。要は、誰も困ったとき面倒を見てくれる人がいないってことですよ^^;

結局、たらい回しにされた挙げ句、解決策は見つからず、ひとまず年齢認証の済んでいない状態でLINE@のアカウントを取得してあるだけです。こうなると、残された道はただひとつしかありません。

キャリア契約済み&SIMフリー携帯の友人のSIMを借りて刺すしかない

そうなると、もう手はひとつしかありません。それは、キャリアで契約している友人のSIMを借りることです。もう、これしかないですが、正直一番カンタンで確実です(笑)

なぜこれを最初に思いつかなかったのかというと、色々な情報がこんがらがって若干頭が混乱していたからです^^;

SIMフリー携帯でなければ、SIMを差しても反応がないと思っていたのですが、どうやらそんなことはなくSIMに入っている顧客情報でキャリアにログインできればOKのようです。と、いうわけで、友人にSIMカードを借りて、マイシムフリーケイタイにさします。そして、LINE@で年齢認証を行うときだけその友人にキャリア(My SoftBankやマイドコモなど)にログインしてもらい、年齢認証を済ましたら、それで完了です。

あ、ちなみにですが、SIMには色々な大きさがあるので(最近はほとんどnanoかmicro)、友人のSIMのタイプと同じかどうかはあらかじめ確認が必要です。場合によってはSIMの変換プラグを使えば問題ありません!

SIMを抜いて友人に返してしまっても一度行った年齢認証はそのままなのでこれで無事、LINE@を利用することができそうです^^

未成年の悪用防止が目的なんでしょうけれど、未成年でもない人が使えないっていうのもおかしな話ですよね・・。とにかく、日本でようやく活発化してきたSIM携帯の動きには今後も目が離せないですね!

無料メールマガジン

画像の説明

公開日:2015/11/04
最終更新日:2016/09/06

SNSでもご購読できます。

コメントを残す